0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

1980,90年代のカテゴリーはそれ以前の年代も含む

  • 先日往年というには若すぎる方々がレーサーとしてサーキットにてレースしてましたが、最近の若い人・・・このブログ管理人もそこまで歳ではないけれど・・・激しいバトルを繰り広げているのを見て「あまり無理しないほうが・・・」などと戯言を。どんな事を成し遂げてきた人たちなのか、知った方がよろしいぞ。
  • みんな知っているようにちょっと前のF1には予選用タイヤだとか予選用エンジンだとか、予選用燃料だとかがあったのです。
  • 最近呆れた事:GT3のミッドフィールドにおいてJGTC車のレーシングスーパーソフトタイヤを使用した時のタイムすら予測出来ていないのが「O秒!」だとか騒いでた(ちょっと走れば予測出来るだろ)。その時点でフル装備にしたタイムすら解らないらしい。
  • 「反発するには理由がある」らしい。その反発の理由が不自然なら、その反発を理解しない事もあるだろう。競馬を少しでも理解してる人は「芝の1200メートルを競走馬が40秒で走ると計算」するシミュレーターがあれば即座に「そりゃ速すぎる」と思うだろう。それと同じことで、F1シミュレーターにてとあるサーキットのタイムを現在の最速タイムより予選・決勝共に約10秒以上速く計算してるものは、やはり「そりゃ速すぎる」のである。ただし、両方とも「現実を理解してる」からであり、実際にどのようなタイムで走っているかを知らなければ、その異常な数値を示すシミュレーターを信じてしまう可能性すらある。このブログ管理人、現実と非現実を区別して、スポーツであれば競技規則が大切と考えてるだけに「それらを無視してる存在」があれば、当然反発する。それが反発の理由ならば、永遠に反発し続けるだろう。
  • 計算してみればすぐ判明する事だが、F1というのはそもそも自動車レースではスプリントに分類されるもの。2010年F1全戦の平均ポールポジションタイムが1分30秒前後。最も遅くても1分50秒台(バーレーン/それも今年限り)で、1周2分以上のコースは雨が降ってもほとんど無く(ベルギーは下位の数台だけが2分に突入する程度)、2時間ルールの規定に引っ掛かるのもごく僅か。このブログ管理人は24時間耐久レースからこのようなスプリント戦含めて自動車レースはほとんど好き。現実では24時間やら8耐などなど耐久レースも大好きだが、残念ながらコンピューターゲームではハードのトラブルが発生しかねない為ほとんど出来なかったのだが、解決。