0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

勘違いしてはいけない+評価

 プロフィールにも書いてありますが、このブログ管理人は黒田和博ではありません。このブログ管理人の人生と、全ての経験、技術、このブログ内での意見や記している試合観戦からコンピューターゲーム、旅行に至る全てはこのブログ管理人が行っているものであり、黒田和博ではありません。コイツはプロフィールにも書いてあるように、このブログ管理人の人生に途中から参加してきた腐った人間です。

 この、とあるPSサッカーゲームソフト/FIFAシリーズ
 これより下、実際にこのゲームを遊んでの感想であり、このブログ管理人がこの欄に書いたゲーム内容に関しては全て真実です。

  • 五つ星評価:☆☆☆と半分
  • 10段階評価:8

 惜しむらくは選手選考(超が付く有名選手や欠かせない名脇役などがチラホラいなかったりする)や、登場しない有名国に強豪クラブチームがいくつかあること(エディットで作れるが、限界はある)、選手の特徴や初期状態でのメンバー編成、システム=フォーメーションが滅茶苦茶なことと、天気の変化はいいが、それによる選手の服装変化=半袖や長袖に手袋などの変化は無く、ずーっと半袖だとか、エディット可能なチーム数などがそのワリには少なかったこと、いくつか“絶対にゴールが決まる方法が存在すること”や、直接フリーキックが蹴りにくいなどがあったことか。使えるシステム=フォーメーションもいくつかで難点があり、とくにライン際の動きは問題だが、下に書いたように、インゲームマネージメントを駆使する事などで解決出来る範囲ではある・・・しかしこれは問題。CPU相手では遊び方を工夫しないと大量得点決着が多くなってしまうのもアレではあるものの、さして問題ではない。ルールなども一部家庭用ゲーム機用に解釈されてはいるが、許容範囲で問題ない。審判のレベル設定などで解決出来ることもあり、視点変更含め、遊ぶ側の好みで使える。設定されてる最高難易度は人間が対抗できるレベルではないが、スピード調整で十分楽しく遊べる。
 家庭用ゲーム機史上最高クラスと言っていい、“フィールド上のサッカー再現度・表現度を実現したサッカーゲーム”。

          • -

 選手グラフィックやらデータが不足している部分もあり、あまり知られていなかったり、TVなどで見ることのないチームやら選手で遊ぶときに困る面もあるが(得意としてる足だとかね)、それ以上にまず、一番大切なフィールド上での再現度・表現度が高いことを重要視しています。

          • -

 画がキレイだったりデータが充実したサッカーゲームはこの後にPS2,3含め多く登場したが、フィールド上のサッカー再現度・表現度でこのソフトを上回ったものをこのブログ管理人は知らない。様々なエディットデータを作りましたが現実とは当然、異なります。
 当り前の事だが、現実のサッカーを100とするなら、このゲームとて1にもならない。

 ■とあるPS(プレイステーション)・・・家庭用ゲーム機ですよ・・・のサッカーゲームソフト内に存在するストラテジー3種類「カウンターアタック」「ニュートラル」「ボールキープ」について

 まず、遊ぶ上でハッキリ理解すべきはこのゲームソフトは攻撃が楽しいように作られているということ。ゴールが簡単に入り、その方法も様々。普通に遊ぶと野球のようなスコアになるゲーム。よって、守備は使い方にもよるが相当スカスカな事が多い。ただし、スライディングタックルなど個人の技術は、モーションキャプチャーイングランド代表DEFであるソル・キャンベルなどを起用してることもあって非常に美しく、技術的に高い。
 ・・・「カウンターアタック」は他の2種類と比較してボールを失った時にフィールド上の11人が守備へ戻る速さ、ボールを奪った時に相手陣内へ移動する速さが一番速い。パスコースを創る動きは「ボールキープ」に劣るが、これは動きの基本として一番大切な要素。このストラテジーを設定してボールキープ率60%以上の試合を成立させることが最も基本的なパターンで、「カウンターアタック」と聞いて思い浮かべやすい守ってパス1本などとは異なる、実にアグレッシヴなアタッキングサッカーが展開されます。・・・家庭用ゲーム機の世界なりに(これ大切)。状況に応じて試合の邪魔にならずワンタッチでストラテジーなどを変更できるのも◎これで上記3つを組み合わせ多彩な攻撃が可能になります。単なるカウンター、ボールキープに留まらないわけです。家庭用ゲーム機なりに(これ大事)。
 これにプレイヤーが自由に動かせるDFコントロールの要素などが組み込まれてプレッシャーディフェンスが家庭用ゲーム機なりに再現できるのである(大袈裟)。ニュートラル」は中間。普通です。
 真剣に書くと、ある程度使い物になるシステムは数種類のみ。それにしたところでDEFの攻撃参加その他を調整する必要がある。その他は使いこなすのにそれなりの技術を要する。まともなものはひとつもない。ここら辺が、当り前の事だが、現実のサッカーを100とするなら、このゲームとて1にもならない。ということ。

 特に4-3-3と、3DEFシステム使用時における守備のザルさ加減は遊ぶ側をバカにした設定。
 両サイドが同時に上がったまま、戻るのに時間を要する。特に4-3-3は中盤の真ん中にいる選手のみがカバーへ入り、両サイドのスペースは常にがら空き。3DEFはまだ中盤中央の選手が残って5人は守備にかかっているためなんとかなるが、それでもスペースをマークするような動きもなく、逆サイドのカバーも甘い。残っている守備者で攻めを遅らせることで、両サイドその他の戻りを待つことも出来るが、それにしても中盤2人にかかる負担は凄まじい守り方になる(DEFで対応すると距離的に遅くなるため、どうしても中盤の中央2人を動かしてディレイさせるか、ボールを奪いにいかなければならない)。現実であれば両サイドどちらかが残るか、スペースをカバーしていなければならず、さらにはあれほど帰陣が遅いということもない(それでも家庭用ゲームソフトとしては速い)。
 要するに2010年ワールドカップで見せたドイツxアルゼンチン戦における両チームの守備はこの状態で、基本すら備わっていない。このブログ管理人に言わせれば、コンピューターゲーム脳をしたサッカー選手と監督がいた試合ということになる。だから採点で全員ゼロ点にした。非現実的な守備をしたから。その守備からゴールをして喜んでいるから。あのような守備は守備じゃなく、攻めでもない。見てる者を馬鹿にした超低レベルサッカー。全員下手クソ。幼稚園児以下。
 ただし、攻めを楽しむというこのコンピューターゲームソフトにおける主旨においてとても大切。攻めは間違いなく楽しいシステムでもある。特に3DEFのいくつかは使い方によって最も柔軟なシステムであり、現実における臨機応変さが重要なスポーツにあってはとても大切なこと。中盤と前線の構成次第では4-4-2の「途中」のような状態でもプレーできる=この場合左右どちらかが上がってるようにも見えるが・・・それはコンピューターゲームの事。現実では走って戻ればいいだけ。全員で守備の基本からカバーすると済む話し。
 現実とコンピューターゲームが違うことを認められないのは、現実のスポーツを理解できない人。下手な人や苦手な人ではなく、理解できない人か、嫌いな人。現実でも好きな人は、その違いを受け入れ、理解して遊んでいることすら理解できていない。

このような事は本来、コンピューターサッカーゲームの経験、実際=現実にスポーツとしてサッカーを経験してるか、コンピューターゲームの経験があれば試しに遊んでみて、さらにどのように動くのかを理解していれば誰に説明されるまでもなく理解できるハズのこと。こんな程度のことをこのようなブログを見てマネしているようでは、コンピューターゲームはおろか、現実生活においての理解力・応用力含めた考える力であり、スポーツの経験不足が明らかで、非常に危険な状態と言って差し支えないほど、誰にでも理解できることだろう。
 そして、競馬ゲームに限らず、レースゲームに限らず、ある程度の知識ある人が遊ぶゲームということも、理解できるだろう。データを持ってる人が全て用意して、初心者にも使いやすく設定しているチームでもあれば遊ばせる事もでき、熟練者も楽しめる。
 このコンピューターゲームソフトのような動きを鵜呑みにするようなバカをコンピューターゲーム脳と呼び、こういう奴に対して延々「病院へ行け」と書き続けてるのが、このブログ。特に報道機関全てで見出しや記事を書いてる連中はよ〜く覚えておいたほうがいい。オマエ等みたいなのを、コンピューターゲームの脳であり、現実におけるスキルが無く、スポーツの実戦経験もないヤツラで、言葉も満足に使えず、くだらない内容を垂れ流してる精神異常者という事をさっさと認識すべきだね。いつでもかかってきなさい。

            • -

 これはどこかの誰かさんも公認してたゲームですが、このブログ管理人はその人より早くそのシリーズで遊んでいた(その人が遊んでいたかは別/公認の話し)、ということを記しておきます。・・・・そんな人は大勢いますね。このブログ管理人はその中の一人です。
 選手名やら登録選手(本来ならばいて然るべき人が見事にいなかったりする)、初期設定の並び方(有力選手がベンチに座ってる設定)が無茶苦茶などの欠点もありますが、プレーの操作感覚、爽快感などなどはいまだに好きで楽しめます。たとえ選手データが古くてもね(エディットで現在のチーム作って遊べます)。本当はこの延長で新しいデータのがあればいいけどさ。・・・・このシーズンデータ版の特徴として、パスを繋ぎやすくフィールド上の選手が動くことと、1対1のDFと仕掛ける側の動き方が概ね正しいこと(バランスの崩しかた、逆の取りかた、コースの読みかたなど)が挙げられます。後者の場合、一部縦を切る動きが「?」の時もありますが、再現度は満点に近い出来。ただ、サイドDEFのポジションとマーク方法がダメ。改善方法はあります(インゲームマネージメントの活用により)。そして。このデータ版は”いかに美しくゴールを奪うか”を極めるものであり、1失点しようが気にしてはいけません。むしろ1点など誰でも取れて当り前のゲームに仕上がっています。方法次第で、プレーヤー次第で完封や0−0も可能ですけどね。・・・普通に遊んでるととんでもないスコアになります。
 上にも書いたようにサッカーゲーム史上最高レベルのサッカー再現度・表現度。

            • -