0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

この時期の15:00キックオフはどうなのか・・・今に始まったことではないが

 相変わらず全部見てるよ。
・Gr.C/SCGxHOL
 今大会初ノーコメント試合。何か言うとしたら・・・ロッベン。それだけ。
 オランダは予選時の、このチームが造り上げてきたフォームが完全に崩れていて話しにならない。
 SCGは・・・消極的采配=自分達の形を忘れてしまったかのような戦い方。あんな形で、バカみたいにフラフラとライン上げて失点するチームではないのだが。
 この先、より望みがありそうなのはSCG。戦い方をより徹底できるのはこっち。


・Gr.D/MEXxIRN
 前半45分はモダンフットボール。予想通りイランはやる。メキシコはジーニャなどいわゆる司令塔的選手を配置せずにSPタイプを並べて“走ってきた”。・・・本来のプレーとは異なるが。ポイントとなるFWへの楔は潰しにかかり、短いパス交換から両サイドスペースへ走らせる。IRNはハシェミアンマハダビキア。MEXはO・ブラヴォとギジェ・フランコ
 後半ジーニャ投入。目立って変化は起きないが、イランが引いた。あのペースを維持するのは・・・?そしてキレを欠いていたとはいえカリミを下げてしまった(負傷抱えor明けらしい)。こんな結末になる差ではないものの、変化のある(選手層含め)メキシコに一日の・・・か。
 記述はかなり端折ったけど試合は楽しみましたよ。


・Gr.D/ANGxPOR
 前半のほとんどがジェットコースター(その分ゴール前のシーンは多いが“雑”、なんだな)。実力差を、違いを出せるキープからの崩しを放棄して走りあったのだから当然です。こうなると体力・走力・シュート力があれば十分戦える。相手は・・・・。それでも要所で見せるドリブル、パス交換で“ちょっと”差は見せるもののまるで“強さ”は感じさせない内容。さすがに後半はペースコントロール・・少ししたものの、ブレーキ壊れたなんだかのような味気ない展開はどうにかならんか。あれなら陸上選手がサッカーやったほうがよっぽどスピーディーだよ。アンゴラも日本戦とは別チーム。スペース与えると両サイド、FW含めスピードあって危険だね。
 PORは負傷&温存の意味合いがあったんでしょう。何名かベンチ。
 いちいち名前は挙げないよ。面倒臭い。あんな展開に付き合わなければあの2CMFでもよいが、もうちょっとランク上がると、“あの人達”は必要です。


 はい、雑感。
 詳しいことはメモとりながら試合観てるんで手元にいっぱい。


 ん?日本って今日?

 
 この“DEUTSCHELAND 2006.......OO日目”って下にも戯言書いてあったりするからカテゴリーの“CdelM06”で見に来てる方は日付も押してみてね。