0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

DEUTSCHELAND 2006.....14日目

 全試合は見ていて、興味深い戦いってのもある(ここ数日ならCIVxSCGやGHAxUSA、PARxTRIなどなど)。
 でもねぇ・・・。
判定がヒドイ。
 判定も含めて“一つの試合”となる。その一部が壊れてる試合が多い・・・ほぼ全てそうだ(今まで全部見てるのでそう言える)。オフサイド含めて異常だね。これでもユーヴェの(略)
 だから“これが良い試合だった”といっても必ずケチがつく。自動的に。
 選手・監督は何も悪くない試合でも、自動的にそうなる。バカにするのもいい加減にして欲しいね。
 引っ込みつかない意地になった人間ほど醜いものもない。

 あと仕方ないとはいえ負傷交代するシーンが通常のサッカーの試合としては多いのも気になる。
 異常といってもいいぐらいだ(3交代全て負傷によるものなんてのがザラにある)。その為戦略的な采配がゼロに等しい。
これも今大会がバ監督の祭典となっている一つの要因。
 交代だけがどうだとかだから少しの怪我でも我慢してプレー云々とかクダラナイ短絡は全て放っておく。
 審判が関わっているといえばいる。