0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

プロフェッショナルとは

 くだらない番組が放送されていた。
 プロフェッショナルとは何か?みたいなことを語る番組。それぞれの一流とされる人が登場しては最後にプロとはOOである、なんてことを宣言して終わるようだ。

 
 このブログ管理人は、お金を貰って働いている人全員がプロだと思っている。アルバイトから年間何兆単位で稼ぐ人全て。一部不正な、モラルに反する金品のやり取り(一部例外はある)を除き。
 ああいう番組で「プロとは限界を設けず云々」だとか平気で言う奴は、給料無しで、今の今までその仕事で稼いだお金の全てをどこかに寄付して、全く同じことをしてもらいたいものである。出来るワケがないのだから。
 プロスポーツを、学校スポーツが中心の日本やアメリカなどのプロスポーツを例にすると理解しやすい。
 あらゆるスポーツで高校大学時代からその能力だけを考えるならば、即、プロの世界で通用する人はいる。でも、彼等はプロとは呼ばれることはない。その差は何でしょうか。考えなくとも答えはずっと前から出ています
 下のと同じ。
 誰も言わない。