0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

雨雲過ぎ去った後の快晴

  • 今大会は今までと同じように、そしてこのブログ管理人のTV観戦方法をいつかこのブログ内に書いたように、出場メンバーが固定化されてるビッグトーナメントは生放送がある場合、全試合Live放送のみの視聴。録画はしてるが、そこでもう一度確認するようなことは無い。
  • アルゼンチンx韓国:前半終了間際の緊張感無い失点から後半途中まで鋭い守備から速攻中心にアルゼンチンを攻め、決定的な同点チャンスを得たものの、決めきれずに追加点を奪われた韓国。あの時間帯で追いついていれば何かが起こったかもしれないが、その後はスコアのまま。アルゼンチンが強さと安定感ある試合で連勝。
  • ギリシャxナイジェリア:未だにベストメンバーを使わないナイジェリアと、少しはそれに近い布陣で何とかしようとしたギリシャの対決。直前の試合で韓国が大敗したことを知っているハズで、最終戦を考えれば十分両チームにチャンスある状態。フリーキックで先制すると、アルゼンチンを1失点に抑えた守備を中心に、中盤の安定度などで上回るナイジェリアがギリシャにチャンスを与えない展開だったが・・・自滅のレッドカード。これで試合はほぼ決まり、以降はギリシャが無様な初戦を取り戻そうと出来る限りの攻撃で逆転。しかし、11人同士でナイジェリアの監督がベストメンバーで試合をしていれば、違う結果になっただろう試合。ギリシャは相手の自滅=プレゼントで幸運な勝ち点3を手に入れた。
  • フランスxメキシコ:見てない。メキシコが勝つ。サッカーの質だけで考えたら別に驚きはしない結果。これでこのグループは最終戦で対戦するメキシコとウルグアイが引き分ければ勝ち点5でグループ突破決定。南アとフランスがどうなろうと無関係であり、見せかけだけの熱戦になるか、最初からダラけた試合になるでしょう。今までもサッカー大会ではこのような事が繰り返されてきたので、それでもこのような状態を発生させないルール=最終戦では引き分け無しのルールを作らなかったという意味では、発展を自ら妨げてるようなものです。一応大会前にも指摘してあります。ずーっと前から。ついにワールドカップ初となる開催国グループリーグ敗退が決定。2002年大会のパクチソンのような存在がいるかどうか。そして、南アはフランスを倒せるのかどうか。
  • 最近の新聞やらニュースなどはやたらと自分の国=日本を、ありとあらゆる日本について褒め称える記事やらニュースが目立つ。そうじゃない人もいるのだろうが、日本人なこのブログ管理人としてハッキリ言って、気持ち悪い。