0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

これにて開幕/まだ映画月間

  • イタリアでは恒例のベルルスコーニ杯も行われ、pkの末ユベントスが勝利。J.ガンペール杯ではバルセロナミランが試合を行いこちらもpk戦でバルセロナ。今週にはヨーロッパスーパーカップがあり、イタリア&スペインリーグが開幕。
  • 映画で際どい精神状態の役をこなしている俳優などが「私生活であんなになったらヤバイ」だとか言いつつ、ちょっと前に飛び降り自殺未遂の大怪我したことすらすっかり忘れているという、これはこれである意味ヤバイ状態。このブログ管理人は鮮明に覚えている。何故か。全て理由のある演技だから。リアルを逆手に取った、暇つぶしだったから。ハッキリ言っておくが、あのような小細工など通用しない。それだけに、この人たちはイタイ。寒い。にわか。
  • 北海道としてはちょっと珍しい暑さが続いたものの、ここしばらくようやくこの時期らしい天気に。それにしてもNHKでセリエAが放送されますか。大黒だとか森本は無視してたのに長友・・・。矢野もドイツ(DFでのオファーらしい)、阿部勇樹イングランド2部=FLCに移籍と、新しい人たちによるヨーロッパ移籍がさらに増えた。
  • 随分前から我が家の目の前に新しい家が建ち、何度かその家族が足を運び、偶然のタイミングで何度か見てはいるが(犬の散歩やら出かける時など家の出入りの時)、一度も相手から挨拶の言葉すらない。ヒジョーに人付き合いの悪そうな家族というのが第一印象。「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」ぐらいも軽く声をかけられないというのは、目があっても会釈すら出来ないというのは、人付き合いどうのこうのというより、社会生活におけるマナーとして何かが欠けている気がする。
  • マンチェスターシティxリバプール:今のところ両者が繰り広げているサッカーの質は降格を争うチーム同士のレベル。その中に数名とてもそんな中に埋没してはいけない選手がいる・・・という状況。シーズン中は代表の試合をこなしながらも問題点を改善しなければならないのだが、その兆しすらない。
  • そんな事も含めてほんの少しでも上達しよう、上手になろう、少しでも上を目指そうとする集団が本来プロのスポーツ選手などであるはず。近年はその向上意欲を持たない選手、監督チームが増えている。だから数年間、数十年間何も変化しない。プロのスポーツ選手であればほとんどの時間をその競技に使える生活をしているハズで、当然その競技レベルだけを考えても他とは比べられないはずが、その状態に無い。向上心が無くなった段階で、限界を感じたのであれば引退すべきだが、そんな状態を引きずったままプレーを続けてる選手すらいる。そしてその代役に名乗りを挙げる若手すら育っていない、選手を確保していないチームすらある。そのような意識が低いチーム、選手が「世界最高レベル」だとか「その競技における重要なリーグ、チーム」などに多数存在する事自体が異常な事。近頃のスポーツ選手はそのスポーツに憧れ、選手やチームが好きでプレーを続けてる選手が少ないのも大きな原因だろう。スポーツ選手とはいえ仕事であるのは間違いないが、それだけの仕事ではない。見ている人に、同じくプレーしている人たちに心に響く何かを与えられる仕事であり、その意識は彼らの向上心と繋がっていて、その意識が低い選手、チームのプレーなど大袈裟に言えば「スポーツ選手としての仕事」を果たしているなどとは絶対に言えない。この考えは、このブログ管理人絶対に変わらない。譲らない。ここに妥協は存在しない。その昔、素晴らしいプレーを見せてもらい、その意識の高さが際立っていた時代を見ていた一人として。