0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

遅めの冬

  • やっと初雪。
  • ちょっと前にあの店があったのに・・・移転してるだとか、同じ店で名前がちょっと変わっただとか。さらにはお店は同じでも店長が替わったり、メニューが変わったり・・・同じことでも時期によって変化してるものや、成長するような事柄で、見事、完璧に対応できない人というのがいる。「今はそうだけど、数年前はOOだった」だとか「昔はこのようにしていた」などなどどれだけ説明しても理解せず、「今」の状況を全ての年代に当てはめてしまう人というのは、過去や未来に関わらないでもらいたいものだ。
  • 近頃自分でもどうかと思うほど「おいおい大丈夫か・・・コイツら素人だろ」というような事含めて、とにかくとてもじゃないが公の場だったり専門のような場で判断発言などをしてるとは信じ難い場面であり、人というのが多すぎる。このブログ管理人、人生において的確な判断をするような人たちと接していたか、見ていた事しかないとは言わないものの、その割合が遥かに多い・・・ほとんどそのような人たちしか見て接してきていない為、自分でも驚くほど「素人」という言葉を連発してる。このブログ管理人程度に素人呼ばわりされる人たちは、どのように表現していいのか・・・。
  • 物事を考えるときに全てがデータ、データ・・・。このブログ管理人もその考えがあるように、データを考えの一部としているのは別に構わないが、例外は認めず、創造力を加えて考えられない程データにかじりついて頭の固い人=考えに柔軟性の無い人、判断力や理解力の無い人とほど呆れるものもない。どんな説明も現実の事例も、その人が実際にしてきた経験や知識も無視し続ける、このような人と付き合う=仕事含めた人付き合いは、この逆の考えをする人=このブログ管理人はコチラで、データと現実、自らの経験・知識であり創造力などを組み合わせて自由に発想する人にとって、そのようなタイプの人に柔軟性がない限り、他の人はどうか知らないものの、このブログ管理人とは合うことがないと、自らの経験によってハッキリ記しておく。そして、これらはあくまでこのブログ管理人の人柄や経験に考え等々を本当に理解したと言える状態の時にのみ有効であって、それ以外では滅茶苦茶にした言い訳でしかない。
  • はやぶさから大きめの微粒子 最大0・1ミリ、数百個〜web版北海道新聞より〜
    • 記事の内容その他に興味はないが、最後の部分がweb版と本紙では異なる。本紙では「〜今回の微粒子は従来の方法でシャーレから採取することが可能。分析でも内部構造を観察するための切断作業がしやすくなるという。」となっていて「採取することが可能」などと、一つしかない物に対してまるで何度も繰り返すような表現をし、読者全員にも「この=従来の方法で採取できる」というように伝えている=宇宙航空研究開発機構の作業を誰もができるような表現。日本語が間違ってる一例。web版の記事は表現も落ち着き、正しい。
  • 支配欲が強く、わがまま。そして、とてもくだらない事だけで人を嫌ってることや差別してることを自分で認めたくないが、自分ではその事をよく理解してるような人にかぎって、穏やかにしてる・・・たとえばこのブログ管理人のような人などには多大な迷惑しか与えない。自分の言うことを聞かない=理由や納得させる事、気分良く仕事をしてもらえるような環境を与える事などどうでもよく、そんな配慮さえせず一方的に支配出来ないような人に対して(=このブログ管理人のように尊重する関係を基本とするような人に対して)、子供のような拒否態度を示す。これらは、近頃のスポーツ選手やら政治家含む有名人などに多い性格。要するに、彼らはMoneyを積み上げ、脅せば誰でも言いなりになり、思いのままに動かせると思い上がってるという見事な証拠。