0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

熱戦続く球蹴りの世界

 ・・・という事で、今回の大会はウルグアイパラグアイ以外の国が勝ちます。

  • 今回のコパアメリカは、日本代表が試合をした2011年キリンカップにおける3軍ペルーと3軍チェコ(この事はキリンカップの時に説明済み)がいかに強かったかを証明するため、ペルーが勝ち上がらなければならないということを前提にして大会が進んでいるため、弱いチームに点差を広げて勝たないようにシュートを外すことや、本来の実力を発揮せずに負けようとして敗退してるチーム、試合が続いてる。その中で実力が五分に等しい同士の試合はそれなりに見所あるものの、その他はほとんど八百長
    • よって、ペルーはこの先も勝ち進むか、たとえ敗退したとしてもファルファンクラウディオ・ピサロ、カルロス・サンブラーノやライネル・トーレス、D.イスモーデス、ダニエル・チャベス、R.マンコ、J.ガリキオ、R.ギサソラ,J.ファーノ、エルナン・レンヒーフォ、パオロ・デ・ラ・アサその他数十名に及ぶ沢山の代表主力選手や前回大会に出場した選手(今回引き続き参加してるのは5,6名)、今大会にも数名加わっているU22,U20メンバーは今後代表に呼ばれず、今回のコパアメリカメンバーが主力となってこれからチームを編成することになるだろう。それはチェコ代表も同じで、ロシツキーグリゲラプラシル、ロゼーナル、ポラクバロシュヤンクロフスキー、イラネク、ヤロリム、ヒュブシュマン、R.コバチ、ベドナーや現在のU22,U20以下のメンバーその他数十名に及ぶ大勢の主力は今後代表には呼ばれず、今回のキリンカップに参加したメンバーがペルーと共に代表の主力となってヨーロッパ選手権予選を戦い続けることになるだろう(次のワールドカップはこの限りにあらず)。1.5軍日本が3軍メンバー相手にバカみたいなスコアレスドロー試合をしたおかげで、しらける試合が世界中で続いてる。

 ボロ抜けのブラジルやアルゼンチン、それなりのウルグアイパラグアイ、コロンビア、チリ相手にそのような試合をしたならば、他にも同じでなければならない。番狂わせとは根本が違う。

この程度の名前は日本、世界を問わずにサッカー見てれば誰でも理解できるほど有名なだけ。知らなくとも、知る努力をしていればどこをどのようにしても、必ず知ってしまう人たち。

  • コパアメリカはスコア上の接戦が多い。スコアそのままな激戦もあるけれど、近年、代表での国際大会においてこれほど枠内にシュートが飛ばない大会もない。それほど1対1を外す場面や、いつものリーグ戦を考えれば信じられないほど、決定的場面で攻撃側のイージーエラーがゴール前にて続出。かなり白ける試合が多い。主力がごっそりいないペルーやら・・・そんな事言いだしたらその他も大量に欠場してたりするけれど、ゴール前やペナルティエリア近辺でのアイデアや技術に乏しい南米の大会は寂しい。というわけで、スコアだけの接戦に騙されずに観戦は続く。
    • このブログ管理人、スポーツ観戦に国内・海外、地元=それぞれ各国リーグ戦と代表試合などなど問わず、日常からLive、録画=放送そのものが録画放送の録画観戦と、放送はLiveで、その放送を録画して後から観戦してることなど含めて見たいものを見ています。その他TV番組も同じ。生放送=Live以外はあり得ないだとかで騒いでる連中は眼中に最初から無し。
  • U17日本女子は決勝でpkの末に負けてしまいましたが、今度の女子決勝は・・・アメリカ。
  • 見ると聞くとじゃ大違い。文章の意味も理解せずに、さして困難でもない、自分で真相を確かめられる事柄を、楽をして詳しそうな文章など丸飲みして書いちゃってたりするのは、どうかと思う・・・という事をずーっと書いていて、今日も書いてみる。何故か。そんな文章やら何やら様々を見かけるので。
  • ブルーレイだのDVD、HDDやら何やらありながら、もはや無くなった扱いしている人がほとんどのVHSやらベータ。我が家ではその全てが現役。それら含めて保存・再生などなどカセットテープやブラウン管TVも当然の如く大活躍。