0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

八百長と誤審

  • 日本とオーストラリアは予定していたように1−1引き分け。このグループで他の国は全て6−0と大差ないスコアによって日本とオーストラリアに負けるため、後はどちらが1位かどうかのみ。
  • WOWOW以外では一応放送予定のないギリシャチェコ。今大会ラノワ主審2試合目だが、ドイツxポルトガルと同じくまたもやゴールを認めず。この前はドイツのゴールをアドバンテージルールも知らないジャッジでゴールする前に戻してフリーキック。今回はフォタキスのヘディングシュートをオフサイドと誤審。前回はドイツがめげずに勝ったから良かったのだが、今回は2−2同点のスコアが誤審によってチェコ勝利となった。このレフェリーはヨーロッパの最高水準にその技術が達していない。大会から追放すべきだ。
    • 試合そのものとしてはギリシャの守備が改善されず、ポーランド戦でズタズタにされた左サイド含めた両サイドは同じくチェコに狙われ早々に2失点。ポーランドと同じく後2,3点は取れた状態。この守備のままだと、ロシア戦は5,6点入っても不思議ではない。チェコも前半だけしかまともにプレー出来ないのでは、これ以上の事を望むのは難しく、とても上位国に対抗など無理だろう。