0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

ちょっとしたこと

  • グランツーリスモシリーズではGT3から登場しているRUFの3400S。RUFとしての最多登録としてはGT2の時が一番多かったのですが、3400Sはこの後もずっと出ています。・・・そこで、一例としてこの車の歴史を見てみましょう。
    • 914(1967年)から・・・
    • 924(1976年)となって・・・
    • 944(1983年)さらに・・・
    • 968(1991年)受け継がれ・・・
    • 986ボクスター(1996年)・・・ベース車としてRUF3400S。

 このような変遷を経ています。
 こちらのThe Truth About Carsでもボクスターがベース車両としっかり記述。ボクスターとは986の事です。現行の3800Sとは別の車(ベース車両が異なります)。
 ちなみにF.ポルシェさんの生誕100周年記念ポルシェ911リミテッドは1976年に限定発売されました。

競馬界がトレヴ包囲網を、3連覇阻止で動き始めた。ダンテSや英ダービーを後方からの末脚で勝ち取ったゴールデンホーンが先日のエクリプスSでは意表突く逃げ切り勝ち。ドイツダービー勝ち馬も同じ。さらにはコロネーションS勝ち馬も先行脚質。怪我で残念だった東京優駿勝ち馬ドゥラメンテもダービーは先行策。前目から最速の上がりで突き放すトレヴを止めるために各陣営がこぞって先行や逃げの競馬をしているようです。・・・だったら去年からしてろよだとか思ってしまう管理人は世界中でタイミング合わせたように始まるこうした行動が好きじゃない。誰かを止めるのではなくて、どのような強い内容や血統で勝負し続けるのか、その馬が出来る競馬(自在ならそれで十分)って事が最高最強。誰かの存在があってそれを目指さなければ最強が分からないのは問題外。・・・管理人は他の日付にも書きましたが、同じ上がり3ハロンタイムならばどの位置からの末脚勝負かで決まると言い続けてます。そして、それは競馬では当たり前の事です。この包囲網を打ち破れなければトレヴ凱旋門賞3連覇は阻止されるでしょう。ちなみに前述した競走馬の血統は全て1977です。