0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

・・・。

カシージャスとメッシを追いつめたもの理不尽な批判と失って気付くその偉大さ -スポーツナビ-

  • 違うな。カシーリャスはともかく(試合中に通信装置を使ってはならないサッカーではダメな事したワケですけれど)、メッシは違う。代表チームで監督やメンバーが変わるのは何処も一緒。クラブチームだって監督などは交代する。それでも結果を出して勝ち続けてる。その上メッシは個人技で試合の流れを決定的に変えられる選手。たとえ劣勢でも一人でそのスピード、テクニックによるドリブルからゴールを決められる選手。その瞬間はチームプレーなど存在しない。代表チームはクラブチームより練習時間も限られてコンビネーション不足もつきまとう。下の年代からずっと一緒で気心知れてる同士ならまだしも、全員そうなワケでもない。その中でメッシの・・・JuventusのDFでさえ止めるのは難しい=世界中で1対1はもちろん数的劣勢でも切り崩せる単独突破は状況打開の切り札だ。当然チームメイトに強力な選手がいるからさらに守備網は薄くなっている。バルセロナでゴールし続けてるならば、代表でも同じように個人技で打開出来るハズで、同じ事をしなければならない。アシストに徹するなど言い訳にもならない。以前にも書いたがスペインリーグのDFは抜けても代表で対戦する相手は抜けないのか?ならば偽物だ。しかし世界中誰もがメッシがいたから勝ったと全ての個人賞に投票する。勘違いしないでもらいたいのは、管理人もメッシが現在のサッカー界で最高級の選手という評価にケチはつけていないってこと。・・・ハナクソブンデスリーガで13ゴールでは代表にすら入れず、プレミアリーグごときの得点王風情やセリエA程度の得点ランク2,3レベルでは超スペインリーグにおける得点王メッシ様の高難度のアシストを決めきれなかった為にアルゼンチン代表は勝ててないと皆さん言ってますが、管理人はそう思っていないとすでにこのブログで書いています。・・・もしメッシがバロンドールをいくつか今回のコパアメリカのMVP辞退のように断って「今年はX.エルナンデスにあげたいんだ・・・」「今年はイニエスタが相応しい・・・」と、あの壇上で発言して彼らに渡していたなら、そんなメッシだったならば管理人はあらゆる批判からメッシを守り続けた。全く意味を成さない僻地からだけれど、最後の最後まで守り続けた。人類スポーツの歴史上最高の選手と思ったことだろう。代表で勝てなくとも、例えば今大会もアルゼンチンは60ゴールしてその内メッシが40点取ったけれどチームが100失点して敗退したならやっぱりメッシは代表でもスゲーや、となっていたでしょうけど残念ながら違います。メッシは一人でゴールしているからこれだけのファンにMVPとして選ばれ続けてる。同じじゃなければダメな存在。・・・ここで野球を例えに出すのはちょっと変かもしれないけれど、L.メッシはエースで主力打者。自分で投げて完封し、味方は打てないけれど自分の打席でホームランを放ち2-0、3-0で勝ってしまう。それを日本のプロ野球で、MLBでやってのけてるのがL.メッシ。そして、その後ろでエラー無く守り続け、キャッチャーとしてボールを捕り続けるイニエスタやピケ、X.エルナンデス等を誰も評価してないのが今のサッカー界。そして日本のプロ野球MLBでは抑えて打ってるのに、なぜアルゼンチン代表だと打たれて打てないんだ・・・って言われてるのが今のL.メッシ。と、書けば理解しやすいですかね。その点先日も書いたようにもう一人の金玉選手は代表でも淡々とゴールし続けて勝利し続けています。この人が代表で何か勝ち取るのはメンバー考えてもメッシ以上に無理とは思いますが、クラブと代表で変わらないという意味で素晴らしい(モウリーニョが言うまでもなく昨年のチェルシーでMVPはアザールですよ)。

メッシは代表でも勝つでしょう。これからもバルセロナや他チームでもゴールし続けて勝ち続けるでしょう。でも管理人にとってもはや最高のプレーでも、最高の選手でもありません。