0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です

雲心月性

 記事感想文です。読んだのは...これ。
ジェフ千葉から消えた脂身と白米。監督が持ち込んだ食事革命が凄い。 Numberwebより。
 近頃いろいろあってこのブログ&Twitter管理人=当然全て書いてる人であって、書いてる事柄の源泉=経験やら知識その他もそうですけれど、その管理人がしばらく振りに昔の様に体を動かす日々を続けてる事もあって大変健康的な毎日です。Numberは雑誌そのものも昔から時々読んでるワケで気になるものは目は通してたりもするので、その流れで引っ掛かったものです。
 記事中のジェフ千葉は書いてあるように現在J2。2部です。母体は古川電工(とJRか)。日本のサッカーチームで初めてアジア王者になった...当時のアジアクラブ選手権を制し、ドイツだとかでも活躍するなど大変有名な選手が所属していたりもした早い話が名門、今は低迷苦戦している古豪チームですね。管理人の心のクラブJuventusでプレーしていた事もあるエスナイデルが監督就任して戦術としても興味深い事をしてるようですが、こんな事もしてたって記事。ハッキリ言って恥ずかしい。プロスポーツ選手として大変恥ずかしい内容が書かれています。自己管理出来ていないと公表されたようなもんですね。記事中の体脂肪率12%以下とか目を疑う数字です。一般人男性30歳ぐらいまでの正常値が14%~20%(それ以上は17%~23%)とされてる値で12と。管理人の伝え聞いたプロサッカー選手の体脂肪率は5~6%程度かそれ以下ですからもはやサッカー選手じゃないようです。一般の方でも自分のベスト体重ぐらい把握してるでしょう。これ以上はマズいという一線であり、一番自分が動ける体の状態です。管理人も当然ありまして、ギリギリになってくると当たり前の様に自己制限や運動開始でキープし続けています。それなのに。プロがこの惨劇。元日本代表選手がいる事も、各年代別代表経験者や海外の代表選手が所属しているとは信じられない状態ではないでしょうか。読んでいて更に頭悪いというか自爆したなと感じたのはプロのシェフがメニューを考えたビュッフェ形式の食事だった所を監督によって制限されてしまったという下り。それこそ沢山選べたハズです、バランスよく。好きなものを食べて練習や試合で死ぬほど走って次の食事はフルーツや野菜中心で過ごしてまた練習。そしていつものメニューへ戻す...試合前等に適したメニュー、自分の体に合ったものなど、選手達がしっかりと食事栄養の知識をもって食べていれば取り上げられるハズもなかった贅沢な環境を自分達で放棄したのですよ。アホでしょ。そのプロサッカー選手にあるまじき体たらくによって強制されたメニューでやっと自己管理の大切さに気付いたチームはJ2の真ん中辺りにいます。最年長記録を更新し続けている三浦知良選手が所属する横浜FCの皆さんはきっと鼻で笑ってるでしょう。どんな意識で過ごせばあの年齢で最前線のコンディションが保てるのかを日々見ているわけですから(順位としても横浜がプレーオフ圏内にいたりするのは偶然でしょう...か)。海外に目を向けても美食の国イタリアでもインタビュー等でワインをほとんど口にしないだとか、食事の事は随分と考えられてる事ぐらい一般人でも情報として得られるわけです。世界中でも日本食がヘルシーだの何だのと言われてるのに、外国人監督にここまでされなきゃダメだったところにも名門低迷の原因(純粋な戦力差は当然ですけど)はあったんですね。
 ちなみに。管理人の体脂肪率とやらは8%程度です。数%は前後してます。だから何だってわけじゃないです。健康かと言われれば健康です。体動かすと気分が良いですね。清々しいです。千葉の皆さん頑張って下さい。管理人はJだと生まれ故郷の札幌ファンですけど。
 一度”確認”しようとして何にも書いてないのを公開してしまった感想文でした。

  • Twitterでも呟いた事と同じっちゃ同じですが、当時のおニャン子クラブファンであり、その中であの世界には夢が無いと教えられた子供時代を過ごした管理人としては随分前アイドルが結婚宣言からの引退大騒ぎだとかはどうでもいい話でしかなく、大騒ぎの意味も理解不能。恋愛禁止という言葉から想像出来る事として、セフレ、売り、援交=パパ活、お見合い、結婚を前提としたセフレ&パパ、女王様関係、枕等といった行為が考えられないってのは相当におめでたいとしか言いようがない。年齢だとか考えてもね。人間ですから。
    • あのですね、1億円だとか数千万円程度サッと出せる人なんてそこら中にいる世の中です。数百万なんてその感覚ではもはやお金じゃないんですよ。億単位以上が動いてる世界の話しですよ。なびいて、買われて、しゃぶって股開いて誰が責められると思いますか。元はそこら辺の女の子ですよ。現実見なさいって。
  • 管理人としてはNumberの記事を読んでどうしても競馬の血統に話がつながってしまった事もある。ダンチヒ、ヌレイエフ系等の1977やサンデーサイレンス系ばかり使ってた為に、それ以外の知識無く制限されてマイナー血統で馬作りをしてみたところ、それでも1977系やSS関係より強い馬を作れると初めて知った素人集団を見てる気分になったんですね。プロなら知ってるはずですよ。そんな血統の強い馬を見られなくなった世界は可哀想です。
  • F1では本田技研工業株式会社が苦しい状況を打破出来ないですな。エンジンの年間基数制限が根本として足を引っ張ってることを理解した上でも、自由開発になったのだから大幅に挽回してくると思ったんですけどね。基数によるペナルティ他はもう少し緩めてもよさそう。今の状況じゃ性能UPしたエンジンをほとんど使えないか、かなり不利な状況で使うしかない。だとしても、離され過ぎてるのは否めないですけれど。
  • 相互リンク先のTwitterで毎日なんか言ってます。ブログはたま~に。