0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です

閑雲野鶴

住んでる街に今年の初雪。

 PS3 エースコンバットインフィニティ。管理人でさえPS4のゲームで遊んでますが、当然グランツーリスモ6同様こちらも続いてます。グランツーリスモSPORTは車種が今のところ少ないのと、Formula Oneやレッドブルが無い事などもあって走る分には十分なほど遊べます。そこでエースコンバットインフィニティです。既に3年半以上遊び続けてますけれど、管理人はダイアリー時代から書き続けてるように自分で勝手に縛りプレイをしています。その条件はシンプルで...

  • 当時強烈だったボムクト(ベルクトによるUGB)とアジャイルF-15 S/MTDでのFAEB=気化爆弾&LAGM)は使わない※これは既に書いてますがアジャイル&LAGMは当時使いました。しかしものの数日後にアップデートがあって、バランス調整でこの2機体というよりマルチロールの対地攻撃力が弱体化されました。管理人はその強さをほんの少し味わって終了。
  • 初期機体コスト550以上のアタッカーによる範囲攻撃は使わない…アタッカーの対地範囲攻撃は強烈で放り投げてるだけで簡単にスコア出来てしまって上達の妨げ&安易にレートが上昇して勘違いするため。よって、管理人がアタッカーで範囲攻撃を使ってるのは初期機体コスト500の通常F-14Bと初期機体コスト525の通常F-2Aのみです(今のF-2Aは対艦ミサイル=LASM専用機体となっています)。ご存知のように今作では特殊兵装の威力が初期機体コストに依存=初期機体コストが高い方が威力が強く、これは特殊兵装のレベルを上げても差は埋まりません。同じSFFSでもマルチロール通常機体のミラージュとアタッカーのストライクラプターでは別の武器と言ってもよいほど破壊力が異なります。
  • マルチロールでの範囲攻撃は通常機体Mirage 2000-5とF-16Fのみ(管理人の場合は特別機体のF-16F-DR-)。F-15EのSFFS、アジャイルのFAEBも未使用です。ラファールのSODも同じく使ってません(LASMのみ)。
    • 無闇にレベル上げない。導入されてからほぼ全部の出撃を機体コスト1500以下で行ってることもあって、部屋内での実力差を縮めるのに有効で性能に頼らない腕の対決が少しは可能なことも理由。あまり上げても使えないって事もありますが、左端機体でもこの日付現在最高レベルは16です。管理人の初期機体コスト750以上ではF-22Aのレベル13が最高で、これ以上レベルアップする予定は今のところ無い。
  • 特別機体よりツリーの通常機体を使う...これも実力差少なくすることや自分の腕試しだったりが主な理由。最近は新しい機体を使う事で楽しみを膨らませようとメダルでの機体交換などで特別機体を育ててますけどね。例:F-15J-60周年-、F-15J-虎-など。

 しかし。
 機体を育ててる時などに強烈なアタッカーの範囲攻撃でこてんぱんにされるなど、せめてこっちもF-14BのSFFSだったらねぇ...と、思う対戦があるわけで。何だか時々無性に使いたくなる自分がいるわけです。何かを。
 だったら。いっそのこと育てようかと思案してます。通常機体のFB-22か特別機体の同型あたりを。以上のような条件を自分で決めつつ好きでファイター中心に遊んでレート2156くらいまで辿り着いた程度の腕ですが、空戦TDMでは時に制限解除してフルコスト同士のTDMしてます。管理人の機体はレベル11~12程度ですがその中で自分より1000以上上のレベル19、20機体を撃ち落としたことだってあるので、それなりですよ。管理人は初代と2程度しかエースコンバットで遊んでないわけで、当然周囲は過去作経験者。その中で上達し、追いつき追い越す為に考えた縛りでした。もしこれからFB-22あたりに手を出してある程度完成させてしまった場合。そこから先のレート上昇は完全に無視します。そんなものを使って上昇した評価=レートなんぞに管理人は全く興味がありませんので。完成してしまった場合はTwitterやブログで一言書いておきます。そして、その時のレートがエースコンバットインフィニティにおける最終レートとなります。そこから先は現在の”エンジョイ勢”ではなく、課金はしないけれどプレーだけなら修羅の世界へ突入です。
 今のところはF-14B海猫でストラプとも戦えてるのでさほど急いでるワケでも何でもないですが、気分が今までよりも本気に作ろうとなってるので...。さて。