0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

狷介固陋(けんかいころう)

時間があるようでない。

やってみるもんだ

 気付いたらもう12月。実生活は全く問題ないのですが、このブログは...どうしようもなかった。改まって書いたところで大した事でもないので別に更新しなくたって何の影響も無いわけで、気にする必要もないんですけどね。
 近況とすると、仕事、家、コンピューターゲーム、様々鑑賞、本読む...。淡々と暮らしてます。その中でやっぱりコンピューターゲームグランツーリスモSPORTやGT6、Formula1ゲーム(2017/2018他)等レースゲーム中心に時間あれば走ってます。そしてエースコンバットPS3でのオンライン専用インフィニティが終了してからは管理人の家では現役バリバリのPS2も使用して、シリーズの2と4をクリアしました(今までは第1作目しか遊んでない)。敵機の動きが必ずプレイヤー機の背後を狙うようになってたり、複数機体で追い込んでくるような機動をするだとか、インフィニティでは無かった事でやりがいありましたよ(1作目は敵機の多さと弾幕がえげつないです)。既にフリーフライトや一度クリアした後に各ミッションを個別に遊べたり、プレー後にリプレイが見られるようになっているので、深く長く遊べる大変優れた出来栄えで流石の名作ぶりを味わってます。...それだけに、オンラインのプレーヤーに丸投げ気味だったインフィニティの出来が残念でしたね。登場機体数がシリーズ最多だったりF-15Jの初参加等ありましたけど、せめてAHで可能だった細かな設定や次のエースコンバット7から登場するフレア(チャフ無し)等も回数制限設けて使えたり、サービス終了と同時に消えてしまうのでなくせめてオフラインのミッションモードや各自が購入したフリーフライト等くらいは残して欲しかった...。このブログにも散々書いてますが管理人はシューティング好きの乗り物ゲーム好きであって、エースコンバットなんて遊んでなかったほうが不思議なんですが、本当に遊んだ事なかったので5~6年前に突発的に発病した”シューティングゲームしたい病”でやっと巡り合えた次第です。年明けの1月にはシリーズの7が発売されます。管理人は9月にもう予約済みなので安心してます。幸い?グランツーリスモSPORTがそのクソっぷりを発揮し始めててるので、心おきなく時間を費やせそうですよ。次回作のストーリーは...またかエルジア、何回目だアンタたち。もういっそのこと吹っ飛ばしてしまえくらいに思う同じ展開なんですけど(...強大な力を手に入れて対等以上に関係がありながら交渉下手等で追い込まれ潰されてゆく...。キレて開戦するのは構わないが、それ以前に共同開発出来るほどの技術力ありながらその立場などを活用して解決出来なかったのか。オーシアとしても毎回甘い汁だけ吸おうという汚い手法で良いとこ取りしか考えてない意地汚いイメージしかない。皆の地球、みんなの世界って姿勢はAC4の世界観では正しく、メガリスなんて不必要な最終兵器があった為に妥当だったけれど、以降は出る杭を打つように新興勢力を潰してるようにしか見えない。それに、AC4まではオリジナルな雰囲気しかなかったのに、5と今回の7はマズイでしょう。AC5のマスドライバーとか銀河鉄道999で、今回の7の軌道エレベータとか発想は富野さん=ガンダムの...でしょう?ダメでしょう、盗作は。名作はAC4までか。もしくはインフィニティが最後だったのかい。そんな風に思ってしまいますよ)、それはさておいてもあの映像や動き他だけで数十年間遊べそうな感じです。食わず嫌いだったな、とりあえず遊んでみて良かったなと思わせてくれたオンライン含めて楽しみにしてます。
 ...なんとなく。別にどうでもいいんですが、難易度調整はともかくエースコンバットシリーズってクリアランクさえ気にしなければ全部のステージを初見でクリアできるんじゃないでしょうか。管理人はいくつか自分の操作エラーで墜落したりぶつかった以外で記憶にあるのは1作目のコモナくらい(敵機の数と弾幕.../その代わり相当に”熱い”ステージです)。縦横シューティングゲームと比較して最大の差は”空の広さ”。極端に言えばどこまでも逃げられる。どこでも飛んで行ける。いくつか狭い峡谷を抜けるとこもありますが、避けられるスペースが広大なのは、クリアするだけならの難易度下がってる要因=考える時間と場所が沢山ある。だから初見で対応出来て最後まで進めてしまう。縦横シューティングはそれが無いから、”クリアするだけ”が難しかったりする。だから何だってワケじゃなくて、フリーフライトあるように、広い空を使って戦うのがエースコンバット。フライトシューティングって名前なのは他とは違うぞってコト。タイム、スコアタックしたり難易度上げればいくらでも難しくなるので、だから何だってワケではありません。なんとなく思ったので。
 ほらね、別に大した事じゃないでしょう。本当はさ、もっと細かく色々あったんですよ。時間が経ちすぎた...。
 それではもうそろそろなので、メリークリスマス。