0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

暮雲春樹

 ぼうんしゅんじゅ。

さて...

 メモ代わりに書き留めておきます。

  • 新型コロナウイルス...肺炎となって有名な方も亡くなるなど一向に収まる気配はありません。そんな時にオリンピックの日程が発表されて来年の7月開幕と。それに対してさえ不謹慎だ、この時期に何を考えてるんだとの批判ありましたが、別に大丈夫でしょこれくらい。選手や各団体にとっては一応予選や各種大会、選考等々を余裕をもって再考出来て、練習他も目的もって集中出来ますから。ただし、来年の7月に観客や人の流れが今までの様に普通な状況かと言われれば...実はそんなに甘くはなさそうかなと思ったりします。単純に、新型コロナウイルスに対抗する薬が無いからです。季節型のインフルエンザでの死者数は、厚生労働省のホームページでのQ&Aにも書いてますが1シーズンで約200人~1800人程度だそうです。これにインフルエンザに罹って持病その他が複合的に悪化して亡くなる人は約1万人、感染者数は1000万人程いるということです。治療薬のあるインフルエンザで。無責任な発言は慎むべきでしょうけど、治療法が存在しない今のウイルスによる犠牲がこれ以下に収まるんだろうかと考えたりもします。未だ対抗薬の無い新型コロナウイルスですがいずれ薬は出来るでしょう、それがいつになるかはともかく。そして、薬が出来れば全てが元に戻るんだろうかと。多分間違いなく薬が完成してもインフルエンザかそれより少ないか多いかはともかく、これからもこのコロナウイルスが原因で人は死ぬ。その時に騒ぎは起こるんだろうか。確実なのは、インフルエンザと同じ程度としていいのは薬が出来てからです。それまでは全然同じじゃない。管理人も当然風邪くらいひきます。もっと言えばインフルエンザに罹って40度超える熱にうなされて死にかけた経験もあります。今、外出自粛やら何やら...間違いなくこれから感染者数は更に増えるでしょうから抑えようと日本以外の世界各国は強制的に制限してますが、ある程度収まった時に果たして薬が出来ても死ぬという現実に対して各国政府他はどのように説明、人間は反応するんだろうか。もっと言えば関係無いですけど自動車事故でだって人は死んでる。2018年の自動車事故による死者数は警視庁交通局発表で3694人。これがどんな怪我かは知りませんが重傷者数となれば飛躍的に増加、3万6895人となってます。骨折やら切断、後遺症が残ったりだとかそんなことなんだと思いますけど。...管理人は率直に言って薬が完成したとしてもしばらくは殆どのスポーツはまず無観客から再開するんじゃないかと思います。オリンピックの日程が発表されましたが、1年後...どうなってるんでしょう。メモ代わりに。

 こんな記事もありました。これがある程度の効果があって地球上隅々に届けば一安心ですね。
 ヨーロッパのサッカー、Jリーグ、F1など今季の日程や来季をどうするのか未定な事多いですが色々考えながら推移を見守ってる管理人です。