0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

異物/中古で再購入した発売当時=1991年(このブログ管理人当時高校生)に全主要レースを勝ったスーパーファミリーコンピュータ用ソフト「Winning Post」=初代ウイニングポストの改造プログラミング版=「正常版とは完全に異なる仕様にされてる異常ソフト」について。・・・中古屋ではこのような物が売られている場合があります。

 他にも書いたリサイクルショップの事。昔使っていた物やら遊んでいた物をもう一度購入して遊んでたりするが・・・データが改造されたものなどもあるので注意が必要。今懐かしく思いながら遊んでいる物ではスーパーファミコン版初代ウイニングポスト。この作品はPCからの移植版であり、そこから騎手や繁殖牝馬など、容量の都合上カットされてスーパーファミコン版として発売されていたが・・・

  • ファーストサフィが弱いのは違法改造データ版。通常版は圧勝する。
  • この「違法改造データ版」では、容量の問題でパソコン版より減っている繁殖牝馬から、さらに登場しない繁殖牝馬がいる。
  • 初期設定にて選べる馬でマイル以上のGlを勝てる=サードステージ、ユーエスエスケープ、アイアンキング、クロスリング、ダークレジェンドなどその他スーパーホースに勝ててしまうものは「正常版」ではない。レースの順位において上回ることはあっても、勝てないのが「正常版」。
  • 「正常版=現実で一番最初に発売された仕様」で強かった競走馬が弱く、「正常版」には登場したSuper Horseや強豪馬が登場しないか弱くなっている。
  • 通常55歳前後まで活躍する当ゲーム内登場する美浦の看板騎手2人(他にももちろんいる)がそれより早く引退する。
  • CBC賞は当時Gllだが、Glllにされている。
  • 「正常版」では勝った時のコメント音楽などがGl扱いであり、当然「Glトロフィー欄」に表示される朝日杯と阪神3牝Sが普通のグレードレース扱いになってる=勝った後のコメント、音楽がGlのものではなく表示される「これまでの道のり」も当然表示されない。
  • 「正常版」だとほぼ間違いのないクラシックへの優先出走枠が、この「違法改造版」ではほぼ全滅。スーパーファミコン版の優先出走枠がどうして少ないのかは、ゲーム内最大出走頭数が12頭と少ないところからきてることを考えると理解できるハズ。現実と本当に同じ枠にするとほとんどが埋まってしまう。
  • 調教師や騎手が述べるレース前のコメントによる能力比較などが実際の実力と狂ってる。性格が「冷静」になってる人のコメント=相手比較であり、評価が一番参考になる。相手比較「強気」や、性格「短気」の場合、それを無視したコメントになることが多いものの(それでも同じく判断は出来る)、本当に強い場合や、本当に強い相手がいる場合はこのタイプでさえ「強い」とコメントするので、ハッキリと理解できる・・・のだが、ほとんど関係無い仕様になっている。
  • レースを勝つこと、上位入着する事で能力値が増加するウイニングポスト初期にあったお馴染みのシステムが上手に動いていない。
  • 宝塚記念有馬記念ジャパンカップなどに選出される馬の基準が狂ってる。
  • 正常版だとレース前に「OO登場!」「本番前の直接対決OOvsOO」などと表示される競走馬は100%Super Horseもしくは準Super Horseなのだが、その馬が一度もGlを勝ってなかったり、弱かったりする。
  • 設定されてるであろうコンピュータ内に登場する馬同士の対戦成績や表示されない能力値などによって決まるであろう差であり、パラメータを無視した不自然なレース中の挙動と実力関係。コメント、予想、実績、調子に能力などなどから推測される当該レース上での実力比較と実際のレース挙動の異常なまでの乖離。
  • 他にも人気で2倍を切る競走馬=スーパーホースorそのレースにおける実力が飛び抜けた存在でまず負けることはないのが=人気と実力が同じだったのが異なっている事、1.5倍以下で他に同程度の人気馬がいなければほぼ間違いなく1着。他に同程度の競走馬がいた場合にはマッチレースor3頭前後の競り合いと化す。ビッグレースで実力ある馬が多く揃った時、当然人気は割れ、実力に差がほとんどないだけに話しは別だが、通常は「正常版」なら人気と実力は同じ。同程度の実力馬が多数出走していればその他でも同様。しかし、稀にGlクラスでも他を相手にしないほど強い馬も出てくる。
  • 持ち時計=それまで記録した最速走破タイムと斤量、コースの特徴などが一切考慮されず、特定のレースになると=特にGlになると持ち時計よりスピードを抑えられて惨敗させられる事が特定の馬やレースにおいて存在する。例:東京1600Mで63㎏背負い1分32〜3秒台3F33〜4秒前後で走ったことが1度ならず複数ある競走馬にも関わらず、特定のレースになると定量=57㎏でその3〜4秒落ちの時計でしか走ることが出来なくなってしまう。これも「正常版」にはなかった事で、とにかくレース中の挙動=レース展開であり、4つある「逃げ」「先行」「差し」「追込み」の指示と競走馬の能力値によるレース中の位置取りには差があり=本当に強い能力を持った馬は「追込み」を指示しようがほとんど後方に下げようがない。などなど、は明らかにレース展開などが正常版とは異なる。
  • 背景の色も一部異なる。
  • CPUローテーションも「正常版」とは異なっていて、夏開催に主要レースが無いスーパーファミコン版初代ウイニングポストでは休養に入るはずのSuper Horseが走ってくる。この問題は「WP2」以降、地方ダートレースや海外遠征などで消えるが、初代は夏開催に伝統のGll除けばビッグレース無し。「WP2=ウイニングポスト2」の夏期間Glは最初から選べるワケではなく、ある条件を満たしてから通常日程と同様に使用可能。この日程を使用できるのはプレイヤー馬だけであり、「WP2」でも、CPU馬のSuper Horseなどは「WP1」同様、夏期間お休みが「正常版」のプログラミング。
  • 「正常版」なら手に入る種付け権が買えなくなる。
  • 「正常版」ではサードステージ、ユーエスエスケープなど主要Super Horseはバランス良くそのほとんどが種牡馬になるが「異常改造版」では1つ〜いくつかが必ず落とされるようになっている。
  • 使用されるコメントも「正常版」では登場しないものがある。
  • 「正常版」には存在しなかった新人騎手が登場。得意戦法も違えば入る厩舎も異なる。騎手では依頼できる騎手が「正常版」とは異なる厩舎もある。例:このブログ管理人の競馬シミュレーションゲーム歴はウイニングポストで1991年9月の第1作スーパーファミコン版発売から2009年時点で18年。当然随時更新中。ダビスタ含めるとさらに2,3年増える。当然本物の競馬はそれ以前から。馬との出会いはさらにその前から。ウイニングポスト歴はこれ以上遡れず・・・この世に存在していないから。・・・で、ウイニングポストの場合、一番最初の厩舎は選べない作品を除いて毎回必ず同じ厩舎なのがこのブログ管理人。そして、必ずとある有名実力騎手が依頼リストに名を連ねてるのだが、この「違法プログラミング改造版」ではいない。別のある厩舎に有力騎手が固まっていて、他の厩舎が勝てなくなっている。さらに、プレイヤー馬の主戦騎手を狙って乗り替わりが発生するようになっている。
  • 「正常版」より調教師の体調管理、調子の維持が下手になり、中2週のレースはまず絶対に使えない=絶対に調子が戻らないので使えない。「正常版」では余程疲労のある時=連闘や間隔を詰めて使い続けた場合のみを除けばそんなことはなかった。初期のWPでは余程変な事をしない限り調子は崩さないだけにこれも「正常版」とは異なる。レースもWP5か6のように後方からの競馬じゃないと勝ちにくいようになってたりと、他にもかなり手が加えられてます。

 それ以外では今のところ問題ないので気にせずに遊んでますが、こういう注意は必要ですね。
 ・・・こんなものを売っても誰にもバレやしないから大丈夫、だとか考えてるなら大間違い。このブログ管理人は同じ時間を生きて遊んでる人なので、これぐらいの違いは分かります。 スーパーファミコンソフト版ウイニングポスト含め、プレイステーションプレイステーション2版など、それぞれの作品毎に内容は=プログラミングは当然異なります。これはあくまでSFC版初代WPの事であって、その他とは完全に異なります。WPシリーズはPS2に入ってからも変化していて、特に5以降は完全に別。一緒にしないように。
 この購入したソフトは100%異常ソフト=製造販売をした会社が作ったものではありません。無視して遊んでますが、本物とは異なります。本物を一度遊ばない限り偽物かどうかの判断は出来ませんが、この場合は明らかに100000000%異常・嘘・偽物ソフトです。こういうのがあるので注意してください。このブログ管理人は無視して遊んでます。・・・ゲーム内時間2000年までに何個のGlを勝てるかで競ってる連中を見たことあるが、そんなものはいわゆるスーパーホースの見分け方を使えば簡単な事。しかも、初期のWP1,2ならば誰でも出来ること。WP1,2では勝ち尽くして勝ち尽くして、延々と勝ち続けた。ありとあらゆる事で勝った。そんなことは十数年前、このゲームが発売された当時にもはや飽きてしまってるので、今は全く違う、誰とも共通しない遊び方をしています。再び遊ぶのに同じことはしません。ただし、勝つことに飽きたワケではないのでご注意を。今は別な視点などで競走馬を選び、遊んでます。単純に勝つだけならヨダレ垂らしてハナクソ飛ばしながらでも出来るよ、誰でもね。難しいことでも何でもないです。誰でも=競馬の知識があれば誰でも出来ます。こんな事で誰かと競うことは意味などパーフェクトに無いので生まれてから一度もしてません。これからも永久に無い。コンピューターゲームのゲームシステムとしての最強馬などとは別に現実の種牡馬牝馬のGl勝ちとその後を見てみれば一目瞭然。このような事をしてる人たちは競馬を理解せず、さらにはコンピューターゲームとしてもかなり昔ダビスタなどでもあった「最弱馬決定戦」などなど無限の楽しみ方がある世界で楽しめない人たち。遊び方は人それぞれ。これを理解してないバカは失せろ。相手するのが鬱陶しい。あまりにもバカすぎて。

  • 知ってますか?・・・・例える:意味/ある物事を説明するのに、その内容や性質などの似かよった他の物事を引き合いに出して言う。他に擬す。なぞらえる。=「例えば」というのは「例え」であり、そこから本当の事を理解する手助けになればいいだけ。「例え」は「例え」であって、本当ではない。

 さらに。このブログ管理人はパーフェクトに無意味などで必要もなくしてませんが、例えば、例として同シリーズ2のGlレースをWP6の海外レース、WP2のGllレースを1のGlレースやF−ZEROの似たようなタイムが記録されるコースのベストラップと繋げるなどしている人がいるようです。他にもGTシリーズのガレージ上から数台の性能や、ウイニングポストシリーズ2と5,4と1や1と6などを繋げてる人もいるようです。それを日によって変更することで遊んでる人もいるようですが、このブログ管理人は違います。・・・純粋に全てのジャンルは別。1は1。2は2。3は3,4は4、5は5,6は6。ウイニングポストシリーズ以外のシリーズもデータが引き継げる場合を除き、全ては完全に別。WP5〜6へは資金のみ引き継げるが、それ以外は初期設定からのスタート。どれが合ってるだとか、正しいでは無く、ダメ。そんな遊び方はしていない。全てのジャンルを個別に理解し、それぞれの世界観を守りながら現実でも、コンピューターゲームの世界でも生きている人です。競走馬の限界を超えるようなスピードで走るレースは異常。現実なら確実に足が折れ、死ぬスピードを理解してない。そんな人と関わり合う気は一生ありません。表面上だけそんな態度をしてる人達とも関わる気は一生ありません。そんな人達とは完全に別の感覚・感性でこのブログ管理人は生きています。命を粗末に、生命を理解しない人とは違います。全ては完全に独立しており、データ引き継ぎ出来るものでもそのデータ以外にゲーム内容の関連は一切無い。
 そして、このような試みを全て無視。酷いプログラミングならばプログラマーの技量不足であり才能無し。このような競馬シミュレーションゲームなら競馬の知識・経験無し、情熱無し。スポーツならそのスポーツそのものの理解不足・経験不足・技量不足・練習不足に才能無し。意味のない「つながり」を完全に排除し、専門分野での技術・才能だけで全てを判断しています。よって、このような事をしている人は全てその時点で「その分野における才能知識技量経験が完全に無い人」という評価となり、このブログ管理人とは無関係の世界に住んでいます。

  • その他中古ゲームソフトにも「違法改造プログラミング」が施されたものというのはかなりあります。見たところでは「真・女神転生」で主人公の属性変化が通常はLAW,NEUTRAL,CHAOSで行われるのが、本来は動くはずのない縦軸たるLIGHT,NEUTRAL,DARKで行われるようになっていたり、その属性が一定しない悪魔がいること、出現する悪魔達が戦闘後などに落とすアイテムが異なっているか、ほとんど出てこない。特に剣や貴重なアイテムに宝石はほとんど出現しないようになっている。宝石がどんな方法でも一部ダンジョンの宝箱にはなく、別の方法によって入手するようにされている事や、登場するボスキャラの反物理防御が一部変更されている事などなどがある。これ以外にもこのような「違法改造プログラミング」が施されたソフトはあるので、本当の事を知らずに遊ぶと・・・勉強ではないが、間違った知識を覚える事になるため、十分注意して下さい。