0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

ずっと書き続けてることはこういう事

 見ていてもプレーしても楽しく、自分のためになる、時間を費やしてもいいと思うプレーをしているチーム。
 と、
 どうにもならない、つまらない、時間が無駄に流れてるチーム。
 共にこのブログ管理人がそう考えるチームです。
 こんな2チームがあって、ここの管理人が好きなのは、見ていたいのは前者。これが前提にあり、選手や監督が全ての試合で最高の結果が得られるように戦っているなんてのは当然の事として、それでも、たま〜に「内容は悪くとも今日は勝ちにこだわった」という試合があるのはいいさ。たまには駄目な日もあるよ。絶対にダメではいけない場合も当然ある。
 どちらが勝たなければいけない、という類の話ではなく、完全な好みの話し。
 下の日付にも書いてあるが、「ただ単純に勝つだけのサッカー=ここでいうところの後者」など、世界中のチームが今、この瞬間から出来る。そして、その瞬間、サッカーは消え去る。「ただ単純に勝つためだけのサッカー」が存在していられるのは、サッカーというスポーツが存在してるから。特定のチームが好きだどうだとかという話しはしていない。

  • 曲を楽しく、聞く者を魅了しつつ演奏しているのが前者。ただ音を、つまらなそうに叩いてるのが後者=この場合奏でているなどとは表現できない。例えば目が見えなくともこれならば大抵の人は聞き分けられる。音が聞こえず目が見える場合は好みが分かれる。両方ダメであれば、そのプレーリズムを振動に変えて全身で感じられるようにするといい。多分、カラダと精神に心地よいのは前者だろう。ただ音を、つまらなそうに叩いているチーム=勝つことのみを目的としたチームの振動は不快なはずだ。このブログ管理人が好むのは前者。演説や朗読も同様だろう。棒読みと感情を込めて発せられる言葉では聞く者に与える印象、影響は異なる。

 ただ、こういうこと。楽しいプレーをしているチームが絶対に勝たなければならないなんて考えは持っていない。勝ってくれたら嬉しいな、ぐらいですね。ただ、勝ってくれた方が世の中のためにもなり、その発展に好影響を与える。なるべくなら勝ってもらいたいけどね。
 こういうプレーを基本に戦ってるチームの試合はずーっと見ていたい。
 これは永遠に変わらない。

  • 下の日付に“とあるチーム”と書いたが、そのとあるチームを筆頭に、同様のつまらなさを提供してるチームを正確にいえば、1チームではなく複数ある。しかもその半数以上は現在上位にいる。どういうことかは説明不要。