0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

  • ルールを作った側がそのルールを守らず、ルールを守って生きている側をそのルールを作った側が管理する社会が現代。で、ルールを守ってる側から作った側(=ルール無視側)への移動は許されず、「ルールを守ってないぞ!」との声もそのルールを守ってない側から「ルール違反だ=法律違反だ」として消されるのが現代社会。当然、ルールを守ってる側がルールを破った場合はルールを守ってない側によって「ルール違反だ」と裁かれるのが現代社会。

 これは現在地球上共通のルールとなっております。

  • テニスとサッカーのルールを間違えたら、確かにああいうゴール=ノーゴールは発生する。しかし、当然ながらあのゴールは存在せず、勝ち点3・・・2を奪われたチームってのは1位の可能性が残ってるだけに、笑って済まされるハズもない。勿論、ホームチームも残留を争ってる以上、必死なことぐらい理解したうえで言っております。ああいう好試合に水を差す審判はどこかのリーグを見習って出場停止にできないもんかね。スロー再生なんぞ一切必要ない完璧なノーゴールなのにねぇ。
  • 2006ワールドカップ大会中にも散々文句を言い、さらにその前から監督、審判などの質が落ちてるのは明らかであって、その近辺からずーっと積もりに積もった怒りがあるわけです。今では忍耐の限界だとかも超越してその低レベルぶりを無視して試合を見る術を身に付けた管理人。ですから、何も最近急に騒いでるワケではないのですよ。一つ一つの試合であった事をここに書き留める気もサラサラなく、見りゃ分かりますね、そういうものは。TVであれだけハッキリ映る場合、その構造にもよりますが、断言します、スタジアムのほうがハッキリ見えます。絶対に。・・・と、微妙な、難しいものならまだしも、連日“完璧なノーゴール”や“完全なゴール”が認められなかったり入ったりしてるのを見せられた人は思ってるってことです。

※今では忍耐の限界だとかも超越してその低レベルぶりを無視して試合を見る術を身に付けた管理人=プロフェッショナルサッカーの試合においてそのルールを尊重する気の無い選手、審判、監督が試合中に存在する以上、見る側はそれらを無視して見るより手段はないですから。近年著しく低下しているのがこの部分。なんで、そういう意味で“最高〜”などの評価を下しようがない選手、監督、審判で溢れかえってるのが今のプロフェッショナルサッカー=フットボールの世界ですね。少しだけならいます。私見です。

  • ふと思う。履歴書やら誰かと話したときに「OOできる」「OOが好き(詳しい)」「趣味やら特技はOO」みたいなことを書いたり話した場合、その人は地球上の全員にそれが事実であることを証明する必要があるのか、ということ。わたしゃしないね、絶対。ここの管理人が決めてること「自分がしてきたこと、出来ることしか言わない」。
  • 長野市民必須アイテム:チベット関連グッズ
  • 「鳴かぬなら〜」殺せば犯罪。待つのは時間がもったいない。ここの管理人は鳴かせてみよう=問い合わせます。・・・待つのもたまにはいいけどね。
  • あの〜・・・・中東方面を忘れたのかい?
  • 現代の十字軍。立場を変えればテロとなる。