0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

呆れる

  • 昨シーズン・・・このブログ管理人による2008/2009シーズンのサッカー観戦試合数:266試合/これは90分+の時間、延長含みフルタイムを見た試合数(TVの場合、少しカットして放送されてる時は、その時間で)。TVなどであんまりにも試合内容が酷く、フルタイムの観戦には耐えられないが、選手の特徴などを見るために(ほとんど知ってるが)早送りなどしつつ見た試合を加えると(※これは通常数えない=ノーカウント)、288試合。北京オリンピックサッカー競技とUEFAヨーロッパ選手権(全試合)、2008年5月下旬〜2008年8月末日までの代表Aマッチ+各年代代表試合は見ているが含まず(これは前シーズン扱い)、代表Aマッチは2008年9月以降の試合で数えてます。春〜秋制採用のリーグ戦は、期間中見た試合全てをカウント。全て、手書きノートへの記録と共に残っています。今シーズンオフの大会・・・コンフェデなどを見ずにゆ〜っくり過ごしたので昨シーズンよりは少なくなってます。ここ数十年間の年平均で考えるとかなり少なめです。その他、記録帳に記録せずに見てる試合を含めると、その数はさらに増えます。
  • 今週末はドイツ、トルコ、フランスで2009/2010リーグ戦が開幕。イングランドチャリティーシールド・・・FAコミュニティシールド(9日/チェルシー)。イタリアもSuper Coppaが北京(8日/ラツィオ)で。ポルトガル(9日/ポルト)もあります。
  • 誰に頼まれるでもなく、自発的に頭を使い考え、目で見て、手で書き、心で感じ、体で覚え、実践、実際に経験し、長い年月を経て得た経験と知識の積み重ねと、どこかから拾ってきたような情報と人真似の合成、知ったフリな一夜漬けは別の事。後者の状態で知った気になってるのは、危険。そして、このブログ管理人が最も嫌う=他の人が長き歳月で得た知識経験を、その事について全く知らなかった自分のものと勘違いしてるバカ人間。謙虚さを身に付けるべきで、その差がどれほどのものか知らなければならない・・・という事を知らない人がいるってのは不思議なことだ。
  • 2ヶ月弱と、1年間。日数にして同じだと思ってる人を今日知った。年齢は聞かなかった。
  • 「命を大切に」「育児飼育放棄をしない」「ペットなどは責任をもって最後まで飼育しましょう」などと、「責任放棄」「視聴者放棄」「嘘情報垂れ流し」「その場その場親身になってるフリ芝居」などなどが最大の武器であるマスゴミや政治家がその対極にいる、そんなこと貴様らから指図される必要を人生ずーっと必要としていない普通の人間に訴えるという無駄。そして、その時間と電波、電気使用に人件費、移動費、食費、衣装代、輸送時の燃料代に酸素などの地球資源などがどれだけ無駄に使われてるかを考えると、そんなものに関心など無くなる。全てが無駄。
  • 例えばとある人が「1966年の放送開始からスタートレックのファンです」と言ってるのに対し、他の誰かが「じゃあこっちは1900年からのファンだ」と言ってしまうのはイケナイ。1900年にはスタートレックが存在していないから誰も見ることが出来ない。またとある人が「1930年の第1回大会からサッカーのワールドカップを見続けています」と言ってるのに対して、他の誰かが「じゃあこっちは1800年から見てる」と、言ってしまってはいけない。1800年にはサッカーのワールドカップは存在せず、誰も見ることなど出来ないから・・・そんなことを知らない人と今日会った。今日は人生でも珍しい日になった。記念に書いておく。
  • パソコンを使って偉ぶってる人の大半が、電動機械や部品が使われた物やパソコンが無くなると何も出来ないということを最近知った。世の中は勉強しなければならない事が多いね。この日付にも書いたが本当にスポーツが好きで運動が上手いとされる人は、下手な人、苦手な人をそれだけで馬鹿には絶対にしない。残念ながら勉強が出来る人は出来ない人を馬鹿にする傾向がありますね。・・・本当は言わない。言ってしまうとスポーツ出来ない人達は逃げ場がなくなるから。それを理解してない人達が悲しいかな、存在する。哀れんでるのではない。それがマナー。一緒にいる上で。ちなみにこのブログ管理人はパソコン使って、コンピューターゲームして偉いと思った事は一度もなく、これから先も永遠にない。道具として使用してるだけ。それ以外の何物でもない。なぜ、偉ぶれるのか理解できないので今度聞いてみようと思う。「パソコンだけが、コンピューターゲームだけが、機械だけが凄いと他の人見下していいのか。平伏せ!とか言っても大丈夫なのか。他の人から勝手に何かを奪ってもいいのか」・・・世の中には知らないことが沢山ある。日々勉強です。

 その人たちに答えを聞いた。「YES」だそうです。勉強になりますね。
 学んだことは、劣等感を感じて生きてる人たちは限度、限界を知らず、人の心の痛みを感じることが出来ないということ。ジャーナリズムやら人間の良き心=良心など、そんな人たちには一生不必要な為、説明することが無駄。口先で何か言っていてもこの人たちの言葉には意味がないということ。幸い、このブログ管理人はプロフィールにもありますが、人生で一度も優越感、劣等感などを感じたことがない。その必要がない。その感情を持つ意味がないことを学んでいたので、これから先も、あのような人たちになることはない。そんなものは今回学ぶ前に、必要ないものだと、誰に教わるでもなく、人間の歴史から勉強しているから。

  • 知ってますか?・・・・例えば:意味/ある物事を説明するのに、その内容や性質などの似かよった他の物事を引き合いに出し、少し言い方を変えて言う。なぞらえる。