0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

人を見る目

  • 世界各地で予選、親善試合が終わり、リーグ戦再開の週末。
  • 今週末(金曜日)までに見終える予定の試合含めた、2009/2010シーズンここまでの観戦試合数26試合。他未消化試合2。流して見たためカウントしてない試合他にもあり。
  • 選手名鑑の発売時期。今年は久しぶりに数種類発売されてますね。このブログ管理人が買うのは同じ物ですが・・・もしくは、今までのように気に入ったものを他にも購入してます。世に多くある選手名鑑。このブログ管理人の主な使い方はここに書いてあるので、ヒマな方はどうぞ。蓄積が大切。
  • 本来の実力、技術とは不釣り合いな資格や肩書きを持つ人が世の中には多くいる事を知ったほうが良い人、ってのが多くいる。この場合の「実力、技術とは不釣り合いな資格や肩書き」は、その資格、肩書き以上の実力、技術を持っている人のことをいう。
  • 謙虚に、しかし知っている範囲で堂々と生きる。この考えに変わりはない。
  • 知りもしない・・・知る努力すらしない奴等が、自らの無知を棚に上げ、知っている、もしくはその努力をしている人から情報だけを奪い、さも自らが今まで知っていたような態度を示し、知識ある立場の人や、努力している側の「無知」を原因にするような報道や発言が目立つ=報道側、発言側が何も知らない。逆ギレしてる文章や発言、過剰反応な記事、発言も多く、その度量、器量の狭さが滲み出ているのは微笑ましい限りだ。
  • このブログ管理人、人を利用するだけで努力を一切しない奴には味方しない。
  • 自分の才能、能力を発揮するだけで物事がキレイに進む人は、他の人の邪魔をする必要がない。
  • 自分達の都合が良いときにだけ騒ぐ連中の言葉には一切の意味がない。
  • 他の人が大切に大事にしてるコトを一切理解せず簡単に壊し、邪魔する奴の理屈はつまり「アンタの命はアンタにとって大切かもしれないが、こっちにはどうでもいい事だからアンタを殺す。死ね」と、言ってるのと同じ事。同じことをされても言い返せないことを理解してしてるのであれば、手の施しようがない。この類の人間は人間社会に入ってはいけない。もし、許可するのであれば、以前書いたように殺人を合法化するべきだ。
  • 弾圧、抑圧、差別・・・などからは憎しみなど負の感情を発露としたものしか生産されない。後年「あれがあったから今、これがある」などと言える人は一握りでしかなく、その僅かな存在でさえ、決して消えることのない傷を人生と心に持ち続ける。「あれがあったから今、これがある」などと誰かが言ったからといって、「ほら、だからよかったじゃないか」などと開き直る奴は何も理解しておらず、同じことを繰り返す。現実として、同じことは繰り返されてる。
  • 理性の欠片も持ち合わせていない奴と話しをしてみた。・・・話しができなかった。「理性などなく下半身で行動、考える」と、外見は人の姿をしたその生き物がこちらにも理解できる言葉で言った。このブログ管理人とは決定的に異なる生き物であり、今後、二度と会うことはないだろう。
  • 公式に発表されていない、世界共通の競技として存在、もしくは同時に多数が参加していることを、参加者全員に競技開催責任者、団体などの署名がある公式な通達書などが送付された状態で、参加者及び見ている者全てがその競技などが進行していること、参加している事を複数人が現実として把握している状態において、その競技伝統の「暗黙のルール」を除いた「競技名を明確にした状態での」公式競技規則が全世界に公開されていない場合=競技者、参加者、見ている者が一切知ることのないルール、条件がある場合、そのルール、条件には一切の拘束力が無い。そんなものはルールにも条件にもならず、誰も従う必要など無く、その判定を下す者など存在が無価値であり無意味である。存在しない競技の存在しないルールや条件に強制力があると考えてる時点で頭の中がハチミツでいっぱい。