0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

・・・バカ観察でもある

  • ちょっと話しをした人たち。その人たちはこの世に言語が一つしかないと思っていた。さらにその人たちは、ある人達が母国語と英語以外の発音区別を絶対に出来ないと思っている。例えば、日本人であれば日本語と英語以外の言語を理解できないということ。そのような人たちには全ての言語が日本語と英語で聞こえると思ってる(ちょっとした未来人類。脳ミソに自動翻訳機能が備わってる)。誰でも考えなくとも理解できるが、大抵の日本人は日本語と韓国、中国語が違うことも、英語とスペイン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語やポルトガル語などなど以前も書いたが、この世に存在する数百数千の言語が異なることも理解してるのだが、その人たちはまるでその人たち以外は誰もその事を理解していないと考えてるようで、ちょっとした発音や文法などなどの違いをその場で説明してみても「あなたは何処で洗脳されたのか」「敵国の言葉を使ってはいけない」「そんなデタラメを言っていては殺されてしまう」などと、ハッキリ言って理解できない事を言い続けるだけで、誰の言葉も受け付けなかった。世の中にはどのように説明しても絶対に理解しようともしない人たちがいる。これは本当の事。
  • 近頃スタジアムやTV(BS、CS、有料無料問わず)でサッカーを見てる人たちは、どうしてあのようなバカサッカーがフィールド上で行われてるか疑問に思うことばかりだろう。審判=レフェリーは片方のチームを平気で贔屓し、自ら失点することを望んでるようなアホ守備で試合を続け、攻める側はゴールする気無しという攻めを繰り返す・・・。週刊のサッカー誌などで採点その他を見ても信じられない程甘く、バカプレーを繰り返す選手であり監督を庇うかのようなぬるま湯評価。それよりあのような状態で監督や選手を続けられてるのが不思議でならない。仕事としての評価、求められてる最低限や、目指すところがあの程度であれば、当然プレーもそれなりにしかならない。どんな凡エラー、滅茶苦茶起用に支離滅裂采配を繰り返しても、その程度が目標ならばそんな程度のプレーしかしない。見る側がどれだけブーイングなどしても、無反応になるのだから、もはや死んだような状態だ。一部分のチームを除いて、Jリーグや世界中で同じことが言える。