0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

さて…

  • 管理人のtwitterアカウントはこちらです。
  • そして、そのtwiter内でいつものようにこのブログと同じ事を言い続けてますが、今年のJRA桜花賞皐月賞に関しても5代牝系で未勝利&未出走馬がいるのは何頭でしょう?だとか、5代父系で…ってのもまたまた書きました。では…

 16対1

…この数字何だか知ってますか?2016年からヨーロッパとUSAで新たに使われる主な種牡馬における1977年系統対1976系統の頭数です。1977系統が16頭です。Gr1勝ち馬としてもほぼ毎年これだけの頭数が種牡馬になっています。しかもこの内2頭はGr1を勝っていません。それでも種牡馬になれる。何故か。彼等の言い分は「その馬と他の馬は違う」という事です。
 ならば言ってあげましょう。
「1977血統と1976血統は完全に別の馬である」
さらに言ってあげましょう。
「1977の元となっている種牡馬と1976種牡馬の対戦成績、その内容を君たちは知っているのか?」
…としても、その前はノーザンダンサー。それでも1977同士でありながら違うと。実はこれ当たり前。当然別馬です。1977としてもヌレエフ、ダンヒルデインヒル等)ではノーザンダンサー同士でも母も母父も異なるのですから当然別です。ならばたとえノーザンダンサー同士でもそこからの父がさらに異なれば完全に別系統なのも当たり前。だったら残すべきであって「同じノーザンダンサーだから」だとかは全く理由にならないのですよ。この時点で彼等の選別方法は完全に誰も説得、納得されられるものではありません。
 ですから管理人はこれからも1976血統と一緒にするなと、このブログとTwitter等で書き続けます。
 そして、今まで残せたのに滅ぼし続けてきた彼等を絶対に認めません。