0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

冬の大雨

  • 雪国北国北海道の生まれ&育ち(一部他地域な時期もあり)なこのブログ管理人にとって、冬に雨が降るというのはほとんど経験の無いこと。それがここ数年は増えてる気がする。多少は降ってるだろうけれど、冬に降るのは雪。その種類が異なるだけで、雨というのはヒジョーに珍しい。子供の頃から大人の今まで、地球上何処にいようと学校だ仕事だ遊びだ何だと毎日出かけるワケで、天気というのは当り前に気になるものの、冬の日に傘を持って出かける事というのは・・・どう考えても珍しい。
  • たまたま立ち聞きのようになってしまったが、その人達は他に聞こえるような大声だったので勝手に良しとしておく。誰かのことを知ってるのに記憶喪失扱いか身元国籍不明扱いのような会話をしてる集団が近くにいた。その標的たるさらに近くにいた数名はその大声会話を聞きながら何やら反応していたが、すぐに「アイツらバカだ・・・」などその後は小声で聞こえなかったが、明らかにバカ扱いして無視。そのバカ集団がさらに大声でバカ会話を続けていると、手元にあったイスや植木などなどが投げつけられ、大乱闘。記憶喪失扱いし、身元国籍不明扱いしていたバカ集団は血まみれになって泣き叫んで謝っていた。大変楽しい見せ物だった。あのようなバカ者はああなっても理解しない場合があるので、あれぐらいが良い湯加減。
  • 次の次と、その次の石油サミット会場・・・サッカーのワールドカップ開催国はロシアとカタールに。開催間隔が云々と言うなら、諸事情あれどメキシコなどなどはどうなるものやら・・・。これでサッカーワールドカップはほぼ全地域で開催されるということです。
  • イタリアリーグは来週ストライキの予定。シーズン開幕前には某代表有名選手ホームページ(イタリア語)で「選手会の中心選手などと来年1月=2011年1月(年明け)までプレーするのは止めようと話し合っていた」などと書いてあったように、シーズン前からそのような事は既に言われていた。その選手はワールドカップ中の怪我で現在もリーグ戦には出場していない。
  • 自分でも感心するほど繰り返し説明し続け、もはや日常の一部になってさえいる事として、誰でも出来ることで勉強しようとしない者達、その分野に関わっているのに理解しようとしない人たちや知識経験を無理なく増やそうとしない人たち、人から盗むだけの人たち、盗んでいながら自分の手柄とするような人たち、専門じゃなくともある程度知っていれば誰も間違わないことを、知識経験不足を棚に上げ、早急に僅かな事でしか判断せず、取り返しのつかない間違いを平気で繰り返す人たちなどなどが全てその逆の人たちに対して平気な態度をするどころか、偉そうに未だに間違ってることにすら気付かないというような態度でいるのを日々眺めると、世界中の教育というのはもはや無意味だと思うね。
    • 似たような事として、近頃数字などのデータには詳しく、分析など得意だが、「生き物」=人間含んだ生物・・・身近な犬猫、鳥など全ての生き物と接することや、理解する事が徹底的に出来ない人が増えてる。その人たちの特徴として「成長する」「沢山の可能性がある」「答えが複数あり、柔軟に変化する」「様々な組み合わせから沢山の可能性が創られる」などの事柄に全く対応出来ない。コンピューターなどであればランダムの要素が加わったものなどがあると、これまた見事に対応出来ない=基本の決まり事があって、その中で変化する・・・たったそれだけの事に対応出来ない人というのが本当に増えてる。その人たちは人との自然な会話が出来ず(決まった台詞しか言えない)、生き物が成長し、様々な事が出来るようになることを理解できず、完全に同じようにならなければ機能停止=その人の理解を超えてしまいただ単純に拒否反応しかしなくなる。その責任がその人にあるという事すらもはや理解出来なくなっている。特有な態度が「もう無理」だとかを突如連呼するような人であり、台本・・・用意されたものとは異なる要素が入ってきた途端、簡単に「もう一人の性格=理解できなくなった要因を創りだした物に対して=人であり生き物、決まり事がある中でのランダム要素に対して激しい拒否反応を」してしまう人たち。見ているとすぐ分かる。
  • 近頃読んだ本の特集で「タイムマシンは存在する」というのがあった。その実例として大活躍しているスポーツ選手の行き先や交渉過程を先回りして確認、その後に獲得したプロスポーツチームGMなどのインタビュー、同じく大活躍した競走馬の結果を先に確認してから現在に戻り、活躍馬を買い漁った馬主のインタビューなどなど、未来へ先回りして手に入れたと主張する方々の大特集がされていた。世の中は進んだもので、このブログ管理人はテレビゲームでもそんな不正・・・はしたことないのだが、最先端を突っ走る方々というのは、そんなインチキしてでも先頭でありたいのでしょうね。このブログ管理人は自らの経験と技術、知恵&知識と努力に僅かな才能だけで日々を暮らしています。こちらの生き方はとても自然で、気持ちいいですよ・・・と言ったところで、不正こそ正義、インチキこそパワー、先頭でいるためには他の命、人生などどうでもよく、ウソの英雄でも創りだして儲けたものが正義と考えてる人たちには通じませんねぇ。どうでもいいことですけれど。
  • 見せかけの接戦や、最初から▽対▽のスコアありきとしているかのような現実の試合ほど退屈なものもない。それに加え、一頃より明らかにサッカーの質が低下したチームや、近頃目立つ異常ともいえる怪我人の続出、それとは無関係に主力選手を起用しないバカんとく=バ監督や、サッカーとバスケットボールを間違えて主力をベンチに置き、リードされてから投入するような「手遅れ采配」なども横行。ワザとシュートを外しての接戦などでチームディフェンス含めた個人の守備技術向上など無く、本来ならもっと決められてるシーンで外し続けてる攻撃側の技術も同じこと。ファンであることを除いて、スタジアムに通いたくなるような(真剣さであり、真面目さ。常に全力だったり、美しさなどなど含めて)、TVの前に引き留められて動けなくなるようなプレーをしてるチームの試合を見ようと思ってる。今週はその意味で数試合をスルー。対戦相手に魅力は感じるが、残念ながら「そのスタジアムではどのチームもダメにされる」傾向があるので、今週は数試合スルー。特にある一試合のチームは、近頃強烈に退屈なプレーを続けてる。
  • 自動車レースの最高峰と一部で呼ばれるF1=Formula 1のチーム間には車の性能差が存在し、チーム毎に特徴がある事などを知らない人がいて、そんな人たちがF1レースの評価、報道などなどに関わり、意見を述べてる事を知った。その他、それぞれの分野において特殊な事情や、数百年以上に及ぶ歴史や伝統などがあることも知らない人たちが関わり、コメントなどをしてる事を知った。