0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

メモ

  • 競走=レースの変遷
    • 競走体系そのものが短距離へ〜日本〜:2500Mや2400M、2000M以上のグレード(以下G)レースが減少。鳴尾記念はいまや1800MのGlllに、2000Mだった競走がどんどん短縮、廃止又は格下げされている。下級レースを考えればダート短距離の割合が多いのは含んでの事で、欧州のGレースは短中距離、中長距離がほぼ同じ割合。
    • 現3歳旧4歳のGレース減少も変化の一つ:クリスタルカップ、中スポ4歳Sなど。4歳牝馬特別オークストライアルGllはフローラS(Gll/芝2000M/※同名の1200Mレースは昔、中山競馬場で行われていたもの)として残っているが、クイーンCにサファイアSといった秋の旧4歳現3歳牝馬限定GレースはローズS以外消滅。その他格下げされ本賞金加算=オープン馬への可能性がより低く、狭くなった。関係ないがカブトヤマ記念なども廃止に。
    • 格=グレード/グループ制:1971〜73年に現行の制度になったようで、格付けは日本海外問わず結構浮き沈みが激しい。レース名の変更や距離の短縮&延長に開催時期、開催場の変更も多く、廃止されたレースも多い。血統などを調べる時には注意したいですね。