0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

ある意味で八百長

  • バルセロナビリャレアル:UEFA CLで勝ち抜いてFinale進出・・・一息入れたところで開始早々ビリャレアルが2つのチャンスを決めてれば「もしも」な展開。しかし、もはや残されたタイトルはリーグ戦のみ。スーパーカップとFIFAクラブ選手権で3冠とはいえ、残る全ての集中、力をリーグ戦に注ぎ込める状況+UCL敗退の鬱憤晴らしの舞台となった。今季バルセロナが国内リーグ戦においてこのリズム=ちょっと真剣にプレーしたのは今季初めて。これより上の真剣度でプレーした国内リーグ試合は1度だけ(2試合のRマドリード戦ではない/この2試合のうち1試合=ホームゲームはその力をRマドリードだけが発揮した試合。もう一つは数年前のリプレイであり手抜き/アウェー戦はビリャレアル戦よりちょっと下)。それにビリャレアルは対抗出来ず。試合展開としては、ベガルタ仙台セレッソ大阪で、C大阪が真面目にゴールを決めていれば同じような試合になった。仙台ゴールに林がいなければ。それ以上に乾であり、香川がもっとゴールに積極的でパスを味方ではなく、ゴールに通してチャンスを決めていれば。そんな試合。今のスペインリーグを象徴する内容=バルセロナが真剣にプレーすると相手がいない。
  • この試合、スペインリーグの審判団としてはよく見えていたものの、ダメな時=いい加減であり、どちらかへ極端に偏った判定を下すといった傾向は変わらず、信用は存在しない。試合を良いものにしようという意識より、権力を振りかざす笛が多いのもハッキリとした最近の特徴。
  • スポーツの試合で明らかな八百長や、過度な演出、芝居がかった試合展開やどちらかのチーム、選手に勝つつもりのない、最初から諦めてる場合があるのが一番呆れる。これらは全てスポーツではない。
  • リーグ終盤ともなると残留も決まり、ヨーロッパカップ出場圏内争いとも無縁・・・そんなチームの試合で見る側が期待するのは意地。プライドの為に戦う姿。特に古豪やら不甲斐なくリーグ上位争いから脱落した実力あるチームが、ホームで首位争いをしてるチームを迎え撃つような時には、そんなプレーを、チームとしての姿勢を見せる以外に試合をする意味など無いと思うが、近頃はそんなチームを見なくなった。たとえ1シーズンでも名門チームに入ったのであれば、その片隅に残るようなプレーヤ試合をしてみたいと思わないのか。弱いチームだとしても、そのチームのファンが語り継ぐような試合や、世界的には無名だとしても、ファンの間で頼もしき存在として認められるようなプレーヤーになってみたいと思わないのだろうか。そんな気持ちをクソほど見せずに負け続け、主力も使わず戦う気の無い奴等にYou'll never walk aloneなんて歌は必要ないだろう。そのチームだけじゃなく、フィールドの外で見ている人とフィールド上の選手間で、試合をすることの意味だとかに乖離がある。今に始まったことではなく、近頃はそんな試合がずーっと続いてる。プレーの問題だとかそれ以前の事。ありとあらゆる事柄でそんなことの連続であり、今は徹底的にバカにしてる。まともに付き合う気は無いので、あれでプロであり専門家というハナクソでしかない奴等を見ては楽しんでいる。少なくとも、もっと戦うチームや選手が今もいくつかあり、ちょっと前には沢山あった。同じレベルでプレーしている今のチームなどがそのカケラも見せないのであれば、劣っていると思ってダメな理由はない。
  • 突然積もった雪も、近くの駐車場に残っていた雪の山もなくなり、庭に転がってきたゴミ拾いと枯れ葉除去。
  • ワールドカップが迫り、各国親善試合を追加するなどバタバタしてるところもあれば、韓国は30名の登録メンバーを発表したりと近づいて来てますが、未だにそんな気がしない。その他にも予定は山積み。欲しいものも山積み。時間は沢山あり、様々な意味で充実。
  • 好きな事をマイペースで続けてる人と、意地だけで続けてる人の違いが見える。
  • 近頃出回ってる専門〜のような類の品物は、基礎すら理解してないものが多い。その分野で必要な情報なんかもそれなりに集めようとしている姿勢すら無い人なども多く、なんらかの法則やパターンに従って行動し、知識が無いため個別に判断できず、法則でのみ解釈してる専門家や専門機械などが世の中に溢れてる。法則による洗脳に等しい理解力しか持たない専門家・専門機械が多い。