0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

早くも

  • 2016/2017シーズン開幕。オランダ、スコットランドで新シーズンのヨーロッパサッカーが開幕します。各国スーパーカップも開催中。今年はヨーロッパスーパーカップが8月9日と早めですね。スコットランドはレンジャースがプレミアに復帰しますので楽しみです。

 そしてエースコンバットインフィニティ。

  • チームデスマッチ=TDMウスティオ杯が開催中。支給燃料回復チャレンジもあるので参加してます。管理人軍の主力ファイターがレベル10を超えたのでちょっと前のTDMから制限無しで部屋建てて参加してますが...皆さんの機体コストが2500以上だったり左端機体で2000超えてるとかワケの分からない化け物機体を相手に管理人軍機体コスト程度で戦ってます。コスト差最大900。常時200以上は離れてます。1500コスト制限ならば1300、500以上の差なら1000や900コストで出撃してると考えれば想像しやすいかもしれません。しかし、レベル11以上だとレベル10とレベル1程極端に性能差があるわけではなかったりします。勿論スピードや旋回性能、防御力基本ダメージ量は違いますけれど、どうにもならないワケではない。最大の差はスロットの数でしょうか。パーツ構成が全く変わってしまいますので、こちらの差は如何ともし難い。それでも戦えてますので管理人大健闘でしょう。撃墜数の方が被撃墜を上回ってます。
    • ツイートもしてますがTDM終了。結果はツイートしたように機体コスト無制限で11勝10敗。機体コスト1500以下制限で8勝7敗と共に勝ち越し。撃墜数(管理人が落とした数)がしっかりと被撃墜数(管理人が落とされた回数)を上回ってますので何時もと同じ結果ですな。コスト差ある中で今回は前回より周囲の機体レベル上昇が成されていて、旋回やパーツ構成によるダメージ量など一緒に飛んでいてレベル差、コスト差を実感する内容。それでも結果は撃墜数が多いワケで、これは結果内容共に...これだけ出撃したのだからある程度自信としても良い数字です。それなりに戦えました。
    • ほとんどの人がそうだと思いますが、TDMと普段の協同戦役では機体のパーツ構成や飛び方が異なります。管理人の場合、TDMではほとんど素味噌特化、機動力重視(装甲偏重な人だとかも)で可能な限り避けつつ相手を狙います。撃墜されると相手の得点になってしまいますから、被撃墜は少ない方が断然良いと管理人は考えてます。普段の協同ではそりゃ避けはしますが、TDMほどの回避はあまりしません。非常招集の時やダメージ限界の時ぐらい。Sランククリアするのに必要なのはひたすら壊す事です。避けようと思えばいくらでも避けられます。TDMの再誘導ミサイルのように厄介なのは通常ステージにありませんからね。人それぞれですけれど、管理人はこんな感じ。次回のTDMはたぶん1500制限だけでしょう。
  • Twitterで毎日何か言ってますよ。
  • この法則は健在。管理人は何時ものように抵抗し続けてます。
  • メダルでリーパーF-22Aを交換したのはツイート済み。管理人はメビウスの人ではありませんから。一応ランキングで獲得したメビウス3はあります。そしてお手頃枚数でメビウス1も交換出来てしまいますが、やはり争奪戦の激しさを参加して体験してますので遠慮ありますね。