0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です

酷いものを見た

無法地帯
  • 管理人はセリエA放送時代の1990年代からWOWOWに加入している。映画やスポーツ、音楽その他随分見てるが、サッカーは中心コンテンツ。そこで先日のビリャレアル対エイバルについて少し。スペイン国王来日の為にエイバル所属の乾がリーグ戦真っ最中にも関わらず帰国するとのニュースもあったが、それはこの後のこと。試合そのものはエイバルが実力上位の相手に対してアウェーで2-3と見事な勝利だったのだが、その内容が酷い。何が酷いってレフェリーが最悪。全く仕事をしない=ファールを取らない。オフサイドを理解してない。以下主なものを(管理人全てスロー再生等無しでのメモによる)。
    • 4分C.バカンブは全くオフサイドではない(VTRなど必要ない)。1ゴール。
    • 18分D.ボネーラのファール(場合によってはイエローカード/よって2枚目で退場もあった)
    • 19分J.コスタがpkのファール。エイバルにpk。
    • 38分レフェリーの判定がハッキリしない。R.ソルダードに対するA.カパのプレーに笛を吹かず、その直後乾に対するS.カスティリェホのプレーをファールとしたが全く同じファール(ソルダードはその事を抗議してる)。
    • 後半になって51分F.ルジューヌがペナルティエリア内で決定的な誰でも見えるハンド。ビリャレアルにpk。1ゴール。
    • 73分R.ソルダードはVTRを必要としない精度で完璧にオフサイドではない。本来独走。1ゴール。

...等々。得点その他に関係する主なファール見逃し判定間違いだけでもこれだけある。VTRでも微妙だとかならば弁解の余地もあろうが、そんなもの要らないファールや判定エラーばかり。オフサイドじゃないものはその後GKが止めた可能性もあるのでゴールとは言い難いが、どちらかが入ってたとしても4-4が妥当なスコア、バカンブのゴールが入っていたとしてビリャレアルが2点先制してホームと考えればビリャレアル勝利が妥当だ。乾の今季スペインプリメーラ初ゴールがあったものの、審判買収、八百長紛いの試合(ボネーラが早々に退場しようと連続ファール、ビリャレアルA.ゴンサレスも危険なファール連発など)内容では祝う気にならない。先日は札幌がJ1今季初勝利を飾ったが、都倉の先制ゴール直前のプレーがどう見てもファールだったのに見逃されてるだとか考えられない判定の連続だ。八百長を疑われても仕方ない程一方的な判定の試合はサッカーを壊している。試合を汚してるだけだ。スポーツを愛する者がすべき行為ではない。
 この両チームはエイバルがとても強いホームでの試合において内容は素晴らしくビリャレアルが支配しながら2-1でエイバルが勝利する熱い試合となったが、今回はビリャレアルの正GK不在、センターバックが控え、本来スタメンのJ.ドスサントスがベンチスタートと主力を欠いていた中でのもの。10節の対戦としてもソルダードは欠場。J.ドスサントスは後半から(ロベルト・ソリアーノと交代で後半途切れさせることなく更に流れを引き寄せる為の采配)。開幕直前に監督交代しつつ、攻撃陣怪我人等でピッチ上苦労しながらも勝ち点を積み上げていた当時としても勝てた試合ではあったが、エイバルもボルハ・バストンやケコの移籍等で攻撃陣が嚙み合わなくなって苦闘を続けていただけに(開幕からキケ・ガルシアはチームプレー出来ず乱していた。その後A.ゴンサレスが機能して上昇)法外な結果となった試合でしたね。それにしても酷かった。