0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です

堅忍不抜

おめでとう!

  • 東京優駿日本ダービー)が終わりました。血統価値、サラブレッドとして何の魅力も価値も無いので最初から管理人はどうでもよかったのですが、2つだけ喜べる出来事がありました。藤沢和雄調教師とC.ルメール騎手のダービー初勝利。ルメール騎手は...Twitterにも書きましたがフランスでもダービーはおろか牡馬クラシックを勝った事がない騎手でした(訂正/2100メートルへ短縮してからのフランスダービーと、現在実質のダービーとの見かたもあるパリ大賞が2000メートル時代にも1度ずつ勝っています。12ハロン=約2400メートルはありません。訂正します)。昨年の菊花賞が初の牡馬クラシック1着。それが定年間近な藤沢師と一緒とは...。藤沢調教師は先週の優駿牝馬オークス)と連続勝利。しかも共に初勝利。管理人の個人的な感情としてとにかく勝って欲しかった方ですので、本当にホッとしましたね。以前スーパーGTのとあるチームがちょっと不振でしばらく勝てない時期が続いて久々にトップでチェッカーをうけた時、そのチームの新レースクイーンが泣きじゃくってたんですが、あれは先代から交代したからチームが勝てなくなった...と、その人なりに責任を精神に重圧を感じていたからでしょう。多分、きっと相当な偶然だとは思いますが、そのように思い込んでも仕方ないでしょう。管理人の勝って欲しかったって感情も勝手なものですが、それはそれで嫌なものです。スッキリというより解放された感覚。管理人の全く私事の感覚です。あーよかった。
  • 文中にあるC.ルメール騎手のフランスでダービーを...との部分を訂正しました。
  • 2400メートルのダービー勝ってない→ダービー勝ってない...と、管理人の覚え方に誤変換がありました。これにて晴れて12ハロンダービーwinnerですね。..."調教師としては"って注釈が付くのと同じような感じです。