0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

 TVの時、試合の前後だけかもしれない。それこそ“フリ”かもしれない。失礼な言い方だが、その可能性もゼロではない。
 しかし。
 新庄の内面に秘めるもの同じだが・・・・・。
 イチローは一度、たった一度だけれど“下に降りてきてしまった”為にもう戻れない。
 この国にただ独りだけだった。
 ああだこうだとクダラナイ日本のゴミは騒ぎ続けるんだろうね、しばらくの間。
 “仮”だろうが何だろうが“真”であった彼の真意を遮り続けた〜年間。
 “美”事な才能浪費・潰し技術。


 日本に何が残っているのか。
 ・・・・別に特別な何かを欲してるワケじゃない。
 でも、光りは消えた。完全に、消えた。
 オレのじゃない。
 ・・・・・・の。


 いつ気が付くのかね、気付かないフリして潰し続けるのかね、この国は。


La vita è come un viaggio, un viaggio è come la vita
 Nakata abbandona il calcio lunedì 3 luglio 2006 14.30/Fiorentina.itより


 前シュンその他“才能は”あり、メッシ含め楽しみは無限に続く。
 ボールは転がり続ける。