0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

休息日

  • UEFA2012ヨーロッパ選手権は本日からトーナメント開始。グループリーグ最終戦もライブ観戦(2試合ザッピング/1試合集中しつつ、ハーフタイムなどなどで確認。随時途中経過は放送含めて入るけれど)。
    • クロアチアxスペインは2004年の北欧ドローではなく、2002年の韓国xポルトガルにおけるパク・チソンとなった(1982年ワールドカップ無気力試合西ドイツxオーストリアの再現を狙ってるのだろうが、当時とは異なる勝ち点やら得失点差含めて難しいのだろう)。両チームとも認めはしないだろうが、明らかに引き分けOKの試合運び。その中でもゴールを狙う姿勢示す選手が両チームに数名いたぐらいで、選手間のバラバラな本気度が誰にでも判るほど。その中の数名が決勝ゴールに絡んだのも当り前か。裏でイタリアが勝つことは予想していたが、アイルランドにも意地はある。3試合連続の4失点は防ぐはずで(3チーム並べばALL1−1の総得点か、フェアプレーポイント/最終戦の前半まではクロアチアが共にイタリアより上だった)、この試合で決着つかなければ・・・。だっただけに、ゴール後慌てて攻めるクロアチアと、スペインベンチを睨み付けるビリッチ監督の態度が全てを物語る。
    • イングランドウクライナ/裏のスウェーデンxフランスはこちらの結果次第でフランスは負けても2位以上が決定。スペインかイタリアかを気にしなければ(遅かれ早かれ当るのだから・・・とするならこれでも良いが)。で、誰の目にも明らかなゴールが無効となった。間違いなく2010年ワールドカップのドイツxイングランドの判定リピート。スローVTRも追加副審も必要ないほど100%ゴール。開幕でスウェーデンを倒した時と同等のパフォーマンスを披露していたウクライナだっただけに、あの1点で試合の流れは激変していただろう(その後にもウクライナに超決定的シーンが連続してあった)。コパアメリカネーションズカップゴールドカップアジアカップなどを除いて開催国は2006年FIFAワールドカップを最後に2008,2010,2012年と全滅。共催では2000年にオランダが(ベルギーは敗退)トーナメント進出しただけで、2ヶ国共に通過したのは2002年における日本と韓国のみ。
  • チェコポルトガル/幻のゴールだとかは沢山あって、だったらポルトガルも2000年のヨーロッパ選手権準決勝で同じ目に遭ってるワケで。1996年大会以来のビッグトーナメントにおける再戦となった両国(ポボルスキーループシュート)。チェコはGLにおける不安定な守備が完全に解消され、ポルトガルをシャットアウト。鋭い速攻でチャンスを作り試合の主導権を握っていたが・・・ポルトガルの中盤と攻撃陣が本領発揮するとロシツキー不在やベストの布陣を組めないチーム事情か何かの事もあって速攻すら出来なくなり、防戦一方へ。近年のヨーロッパ選手権では今大会遂に途切れた7大会連続のトーナメント進出だったオランダに次ぐ、5大会連続トーナメント進出中のポルトガルが2004年以来、継続中の中では3度目の準決勝へ。