0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

は?

  • 災害弱者・・・だとかOO弱者はいいが、そのナンタラ弱者を相手に犯罪行為をしてる報道機関、報道権力を振り回してるバカがその番組内で「このような災害弱者をどのように守れば・・・」だとかほざいてると白ける。その言葉は一昔前にどこかで聞いたことのあるフレーズを繋ぎ合わせた借り物ばかりで、さらに白ける。
  • 趣味はもちろん、最近聞かなくなったマイブームだとか含めて、自分が密かに楽しんでることや、自分だけが楽しみにしてる事、試してることなど他の人に説明し難く、理解してもらわなくても構わないことなどを最初から理解する気もなく面白半分で聞き出そうとしてる人やら、傍から見て明らかに嫌がらせとしか思えないしつこさで他人の趣味に反する言動をその周囲で繰り返す人などを見てると、しかもそれがその国のスタンダードだったりすると、ナント民度の低く、低脳・・・無趣味無理解無教養な上に性格ひん曲がってるのかと思わざるを得ない。正確な情報、その人の趣味や今している事を理解する=他人の立場になって、その人の事を考えてあげる・・・そのような事すら出来ない国民とはこんな日本にもいるものです。TV画面の中にはそんな人たちで溢れかえり、社会にも大勢いますね、無理解無教養に低脳な人を眺めると、同じ人間とは思えない毎日。こんな人たちが毎日公共の電波で流れてる。このブログ管理人は間違ってない情報と、間違ってない勉強、知識などをもとに毎日そのバカ波に揺れることなく間違ってない生活を過ごせているので平和ですね。毎日が「人間もどき動物園」気分。
  • OO相当の〜という、ひょっとしたらそれ以上もしくはそれ以下、その前後の・・・というおおよその感覚を100%パーフェクトに失っている人間と接してると、その人はすでに人間として死んでいるとしか感じられず、その・・・機械化された元・人間の基準を無視するようになる。これは実体験の話し。融通の利かない、前後感覚に余裕の幅が無い人だと、臨機応変に対応出来ない。臨機応変、個別判断、全ての個性に合った判断などを重んじる環境においてこれほど邪魔な無神経の持ち主はおらず、その余裕の幅がない感覚がどれ程の命であり、人生を狂わせているのかという自覚すら持っていないばかりか、その窮屈な、あらゆる状況に対応できない、柔軟性に欠ける感覚でもってガチガチに全てを固定する事が素晴らしいとさえ思ってるのだからどうしようもない。
  • 先日行われたNHKフィギュアで村上選手が3位に。ジュニアのチャンピオンであってもシニアの試合でいきなり1位に・・・だとかはともかく、近頃の風潮だと「勝てずに3位だからスケート選手としての適性がないのだろう。別の競技をするべきだ」だとか「シニアには不向きだ」「彼女には時間が長すぎる」だのとどうして誰も言わないのだろうねぇ〜。あー不思議だ。不思議だねぇ。