0⇔∞(仮・はてなブログ継続)

こちらのブログは、はてなダイアリーの同タイトル日記から継続しています=管理人は一緒です(Twitterと以前のブログ含め管理人筆者は男ですよ)

1ヶ月は短いね。

 もう数日を残すのみとなっていますが、全試合観戦、記録=映像+手記しています。大雑把に言って、GLに好試合が多かったですね。トーナメントに入ってからは1〜2試合。
 下の日付に書いてあること含めて大会終了後、ココにも短い感想やら書く予定。

  • M.リッピがイタリア代表監督に再就任。
  • いい加減、相手の背後にスペースがある時の逆襲=速攻でゴールを決める方法かセットプレーだけを攻撃手段とし、自分達から仕掛け相手のボールを奪う守備組織も持たないチームを攻撃的なサッカーをしている、と表現するのは止めてもらいたい。しかも、その相手に、逆襲への備えが一切無い時にしか攻めることの出来ないレベルの攻守を、それ以上の事を実現可能な選手擁するチームが、その才能を潰すかのように繰り返してる場合に褒め称えないでもらいたい。

 以前も最近のサッカーは退化していると書いたが、今も退化し続けている。
 UEFA2008や最近のアジア、ヨーロッパ問わず、世界中のサッカーを見て、そう思う。

  • まさか、マークミスとカバー無く(又は攻め急ぎ)失点重ねたことを除いても、今大会攻撃が特徴のロシアに堅守強固な守備屈強な〜なんて言葉を使うところがあるとは思わなかったですね、さすがに。その言葉がまだ、かろうじて合っていた予選時や数年前、今も主力の選手達を外したメンバー構成なのに・・・・。驚いたのでちょっと書いておく。
  • 南米はまだ先が長いとはいえ波乱あり、アジアではアジアカップ王者が消えたワールドカップ予選。
  • 日本?ホームでのオマーン戦の試合内容と結果を見て決着。監督が交代し、アジアカップ当時の組織力喪失、近年成長してきた流れが完全に途絶えバラバラとなり、チームとして崩壊したオマーンは日本がどうこうする相手ではなかった。これもちゃんと見てましたが、タイには余裕勝ち。いくらホームのタイは違うと言ってもあのレベル差は埋めようがない。グループ2位以内で最終予選進出ですから、あのオマーン戦で終了。バーレーンにもきっちりお返しして、これでよし。最終予選はこれでいいかどうか・・・というより、オリンピック後からってのも変な話しですが、変わるんじゃないの。それより組み分け。オーストラリアが入ってきた都合、ひょっとしたら・・・・あるかもしれない組み合わせもあるわけで、久しぶりに。

 ・・・って書いたらさ、組み分けはこのようになりますた。FIFAワールドカップ南アフリカ大会アジア4次最終予選組み合わせ FIFA.comより

 日本はGr.A・・・・オーストラリア、バーレーンウズベキスタンカタール
 ちなみにGr.Bは韓国、イラン、サウジアラビア北朝鮮、UAE

                        • -

 ここで気になる事を。・・・・UEFA2008本大会におけるGr.Cや、Gr.D。この組み分けの日本、バーレーン(Gr2)と韓国、北朝鮮(Gr3)、オーストラリア、カタール(Gr1)、イラン、UAE(Gr5)のように、直前の予選で同一グループに入っていたチーム同士が直後にまた一緒に試合を行う事が多くなってる。フランスとルーマニアクロアチアイングランドなどはワールドカップ予選も同じグループ。ちょっと前ならチェコとオランダもそうだった。こういう対戦を回避=1ラウンド前の国とは次ラウンドで同一組に入らないなどの配慮は出来ないのか。UEFAチャンピオンズリーグがそうしているように。

  • 北中米カリブ地区3次予選も発表されてたが・・・・Gr3が他の2つに比べて軽く思えるのは考えすぎなのかどうか。
                    • -

 さらには2011年AFCアジアカップ カタール大会最終予選の組み分けも発表されてましたが、こちらでもまた、バーレーンと一緒。Gr.Bがとんでもなく大変になってます。上位2チームが本大会へ。
 ご存じでしょうが、前回大会の上位3チームは次大会の出場権を得られるので、参加してませんね(イラクサウジアラビア、韓国)。他2枠は2008年、2010年AFCチャレンジカップ1位チームに与えられます(同じ場合は同大会2位チームへ)。2008年大会はインドで開催され、トルクメニスタンタジキスタンアフガニスタン、インドのGr.Aと、北朝鮮ミャンマー、ネパール、スリランカのGr.B。各グループ上位2カ国で準決勝、決勝を行う。期間は7月30日〜8月10日まで。
 最終予選組み合わせはこちら、AFCへどうぞ。
 Gr.A/日本、バーレーン、香港、イエメン

    • カタールでの同大会は1988年以来2度目。日本は本選初出場。1組で韓国(0−2)、イラン(0−0)、カタール(0−3)、UAE(0−1)と同組となり、1引き分け3敗。大会1位はサウジアラビア。2位韓国。
                    • -
  • ついでに、クラブワールドカップの南米代表が決まりましたが、この調子だと、決勝はマンチェスターUtdとアジアチャンピオンになりそうですね。浦和だと、ちょっと前(GKがシュマイケルの頃)来日して駒場で親善試合もあり、その後も来日してましたから初めてではないですね。
  • 何回も書いてるが、一番簡単なのは壊すことと文句を言うこと。誰かが何かを創り、考えるのを待っていれば良いだけ。こんなことは赤ちゃんにも出来る・・・・と、何回もこのブログに書いてある。
  • そして、してはいけないのが濡れ衣を着せること。OOは正しくないが、今はOOを正しい事としなくてはいけない。だから、本当に正しい〜〜を間違っているとしなければならない。その為には、罪も何も無い人にありもしない事を押し付け、ひたすら中傷し続け、OOを正当化してしまえばいい。・・・・・・こんな事してる連中が偉いこと言う権利、生活する権利などどこにも無い。こんな奴等には何の権限も無い。
  • 最近目立つのが、食料品を扱う現場、料理を作る場所、医療現場において平気な顔で腕時計をしてる人。ちゃんと洗っていても、時計は考えている以上に汚れてる。衛生上外すのがマナーであり、基本。安心感はこういう細かな配慮からも伝わってくるもの。常識・・・・・というより、そうすることでもしものことが発生した場合どうするのか、などということにすら考えが及ばいのかと思うと、教育って何なのかと思うよ。
  • 大切なのはなぜその儲け方法に落ち着いたのかという背景=生活、家庭環境であり、事情。その他、それによってどれだけの人々の生活に直接・間接的な影響を及ぼしているか。そして最も大切なのは、影響力ある立ち位置に着いた時であり、社会的影響をも考えた規範を示せるかどうか、というところ。お金があれば世の中自由だってやるなら限界など作らず、徹底的にやれと、プロフィールにも、このブログ内に書き続けてる。それが出来ないのであれば説得力は無し。中途半端にルール守り、カッコいいフリなどするなってこと。飽きるほど同じこと書いてあるから探してくださいな。話しにならん連中がいる。
  • 一番やってはいけないこと:悪い意味での開き直り。特に、誰かに対して強硬な態度で対応していた側がこれをやってしまうと、その時点で終了。これなんかそう(27日付)。
  • 時々思うが、なんでアメリカは「ハリケーンOOOOは北朝鮮のテロだ!」とか騒いでミサイルドーン!って戦争仕掛けなかったのか?あれだけ嘘並べて戦争始めたんだから、いいだろ、理由なんてこんなもんで。信じるって、地球の人みんな信じるから。
  • 景色に問題あるそうだが、だったら今ある世界中の建造物を全部ブチ壊して日本家屋を建てなさい。地震に強い新技術満載の。そんな事をするヒマあるならまずは電柱と電線をどうにかしろ。さらには深夜営業が環境面に悪影響を〜というなら、発電施設から空港含む輸送から国会、自衛隊、報道機関も当然一切の仕事停止。都市機能全てを夜間ストップさせるのが常識。しかも、全世界中で。日本人だけ止めても無意味。こうしないと一部だけ止めたからって無意味。・・・・・小学生でも理解出来る。